カスタムダッシュボードを利用する

カスタムダッシュボードを利用する

本機能では標準でご利用いただけるメインダッシュボードに追加する形で、ご利用者様自身でダッシュボードを作成することができます。

カスタムダッシュボードの作成はMarkdown形式で編集をしていただきます。

カスタムダッシュボードを作成する

画面左側メニューにあるDashboardをクリックすると、右側メニューがダッシュボードの管理画面へと変わります。

そこからカスタムダッシュボードを追加ボタンをクリックします。

新しいダッシュボードを作成する画面に遷移します。

タイトルにはこれから作成するカスタムダッシュボードの名称を入力して下さい。

画面下部の枠内にはMarkdown形式で構文を記述してください、編集タブを表示している状態で編集が可能です、プレビュータブでは編集内容のプレビュー表示ができます。 編集が終わりましたら、作成ボタンで作業を完了させます。

カスタムダッシュボードにグラフを挿入する

各種グラフの右上部分にあるグラフを共有するボタンより、Markdown用のコードを取得できるようになっています。

テキストボックス内のコードをコピーし、カスタムダッシュボードの編集画面に貼り付けてください。 保存すると、カスタムダッシュボードにグラフ画像が表示されます。 グラフの埋め込み用iframeもカスタムダッシュボードでご利用いただけます。

グラフのご利用方法についてはこちらのヘルプページをご確認下さい。

カスタムダッシュボードサンプルコード

以下のMarkdown形式コードをカスタムダッシュボードの編集画面より、編集枠内に貼り付け、プレビュー表示させてご確認ください。

|グラフ1|グラフ2 |
|:-----------|:------|
|グラフを共有からMarkdownのコードをコピーして貼り付ける1|グラフを共有からMarkdownのコードをコピーして貼り付ける2|

「グラフを共有から〜」の箇所はお好きなグラフを選んでコードを取得し、貼り付けてください。

以下はサンプルで作成したカスタムダッシュボードです。

利用可能なプランについて

本機能はTrialプランまたは有料プランでのみご利用いただけます。

注意事項

  • 編集画面ではHTMLタグは全て無効になっているため、ご利用できません。
  • 1つのOrganizationにつき、100個まで作成することができます。100個を超えて作成することはできません。
  • 有料プランからFreeプランへダウングレードされた場合、作成済のカスタムダッシュボードは削除されず無効化されます。

Markdown 記法について

  • Markdown 記法を利用することができます。
  • Tables など一部 GitHub Flavored Markdown やその他の特殊記法にも対応しています。
  • HTML を記述することは出来ません。