Mackerel ブログ #mackerelio

Mackerelの公式ブログです

AWSインテグレーションが NLB に対応しました ほか

先日もこちらのブログでお伝えしましたが、Mackerelからの通知先として連携可能な im.kayac.com が、2017年10月31日でサービスを終了することに合わせて、Mackerel の通知先としての機能停止も順次おこなっていく予定をしています。

詳細については以下の記事にも記載していますので、該当される方は一度ご確認ください。

mackerel.io

それでは、今週のアップデート情報です。

.io ドメインの不調対策として長くしていた死活監視の間隔を元に戻しました

先週のお知らせでのお伝えしていました、.io ドメインの不調問題への暫定対策として実施していた死活監視の判定間隔の伸長について、予定通り、10月17日(火)に元の仕様に戻す作業を実施しました。

mackerel.io

再び .io ドメインが不調に陥ってしまった際の影響を最小限にするためにも、ご利用のエージェントのアップデートをお願いいたします。エージェントのアップデート内容に関しては、先週の以下の記事をご確認ください。

mackerel.io

AWSインテグレーションが NLB に対応しました

先日公開された AWS Network Load Balancer(NLB) に、Mackerel の AWS インテグレーションも対応しました。

f:id:mackerelio:20171020093246p:plain

ご利用の際には、以下のヘルプページも参照してください。

mackerel.io

グラフへのマウスオーバー時に表示されるガイドが他のグラフにも表示されるようになりました

ホスト詳細画面やサービス詳細画面などにおいて、あるグラフにマウスオーバーした際に表示されるガイドが、同じ画面内の他のグラフにも表示されるようになりました。

f:id:mackerelio:20171020093316p:plain

サーバーリソースの調査などの際に活用いただけるかと思います。

Mackerel 関連 OSS をアップデートしました

mackerel-agent v0.47.0

  • Linux における CPU使用率の計算方法を修正しました
    • cpu.user から guest 使用率を減算するようにしました
  • AzureVM上で、ある特定の状況下で異常終了する問題を修正しました

mackerel-agent-plugins v0.37.0

  • mackerel-plugin-mcrouter を追加しました
    • ただし、パッケージには追加していませんので、ご利用の際には各自でビルドをお願いします。

コントリビュート・issue報告してくださったみなさま、いつもありがとうございます!

学生・若手社会人エンジニア向けの Mackerel 勉強会が開催されます

サポーターズさんが主催している「サポーターズ勉強会」の次回開催のテーマが、「はてなエンジニアが贈るはじめてのMackerel」となっており、現在も参加者を募集しています。

supporterzcolab.com

講師は、Mackerel UG の発起人でもあり、現在ははてなのWebアプリケーションエンジニアでもある id:papix

参加資格は「エンジニア職志望の学生の方(学年不問)」「20代or2010年卒以下の社会人エンジニアの方」で先着順となっていますが、まだ枠に余裕はあるようなので、もし興味をお持ちの方がおられましたら、ぜひご参加いただけたらと思います!

通知チャンネル"im.kayac"の停止スケジュールについて

Mackerelからの通知先として連携可能なim.kayac.comが、2017年10月31日でサービスを終了します。

それに伴い、以下のスケジュールでMackerelからの連携も停止します。

  • 10月26日(木) の定期リリースにてMackerelの通知先としてim.kayacの機能を停止します
    • チャンネル設定にてim.kayacの新規作成ができなくなります
    • 登録済みのim.kayacチャンネルが、一覧に表示されなくなります
    • 登録済みのim.kayacチャンネルに対して、通知が送信されなくなります
  • 機能停止完了後、準備ができ次第すでに登録済みのim.kayacチャンネルのデータ削除を実施します
    • 詳細日時は未定です(日時に関する告知予定はありません)

以上となります。

im.kayac さん、長らくのサービス運営お疲れ様でした。

引き続きMackerelをよろしくお願いします。

URL外形監視のレスポンスタイム計測の仕様調整を実施しました・ .ioドメイン不調対策として変更していた死活監視の判定間隔を元に戻します ほか

こんにちは。Mackerel チーム CRE の井上(id:a-know)です。

今日はぐっと冷え込んで来ましたね。しばらく天気も雨模様のようです。いろんな場で「サーバーモニタリングはサーバーの健康診断」とよく言っているのですが、自分自身の健康状態にも一段と気をつけなければいけない季節になってきたな、と、私も気を引き締めています。

それでは、今週の Mackerel のアップデート情報をお知らせします。

URL外形監視のレスポンスタイム計測の仕様調整を実施しました

先日こちらのブログでもお知らせをしておりました、URL外形監視のレスポンスタイム計測の仕様調整について、予定通り、昨日・10月12日に実施をしました。

mackerel.io

今回の仕様調整内容は以下の2点です。

  • 外形監視のレスポンスタイム測定にDNSの名前解決時間を含めない
  • HTTPレスポンスが返ってこなかった際にレスポンスタイムを記録しない

レスポンスタイム監視をおこなっている場合、仕様調整前後のメトリックをぜひ一度ご確認いただき、必要に応じて閾値の調整をお願いいたします。

【予告】.ioドメイン不調対策として変更していた死活監視の判定間隔を元に戻します

mackerel.io

上記のエントリにて先日お知らせしておりました .ioドメインの不調とそれに対する Mackerel としての対策ですが、ネガティブキャッシュのTTLより長い間隔に設定していた Mackerel の死活監視の判定間隔を元の間隔(10分未満)に戻す対応を、10月17日(火)に実施する予定をしています。

これは、先日のエージェントのアップデート(.ioドメイン不調対策として mackerel-agent をアップデートしました ほか - Mackerel ブログ #mackerelio)を受けてのものとなります。以前のドメインについても引き続きサポートいたしますが、再び .io ドメインが不調に陥ってしまった際の影響を最小限にするためにも、ご利用のエージェントのアップデートをお願いいたします。

im.kayac のサービス終了に伴う Mackerel 側の対応について

Mackerel がサポートしている通知連携先のひとつである im.kayac.com ですが、2017年10月31日をもってサービスが終了することが決まっています。

im.kayac.com

これに伴い、Mackerel においても、今月中に通知チャンネル先として利用できなくなります。本日のこのお知らせは第一報とし、詳細スケジュールは別途お知らせします。

通知チャンネル/通知グループAPIをリリースしました

通知チャンネル/通知グループに関するAPIをリリースしました!

mackerel.io

mackerel.io

通知設定の自動化などに、ぜひ活用してください!

Mackerel 関連 OSS をアップデートしました

以下の Mackerel 関連 OSS をアップデートしました。コントリビュートいただいたみなさま、ありがとうございました!

mackerel-agent-plugins v0.36.0

  • mackerel-plugin-json を追加しました。
    • json 形式での標準出力を受け付け、カスタムメトリックとして出力できるプラグインです。
  • [aws-dynamodb] グラフ定義を修正しました。
    • 一部のメトリックグラフが意図しない名前のグラフとして表示されていた点の修正で、非互換修正となります。
    • 変更内容については以下の通りです。
    • custom.dynamodb.SystemErrors.SystemErrors.<コマンド名> => custom.dynamodb.SystemErrors.<コマンド名>
    • custom.dynamodb.SuccessfulRequests.SuccessfulRequests.<コマンド名> => custom.dynamodb.SuccessfulRequests.<コマンド名>
    • custom.dynamodb.ThrottledRequests.ThrottledRequests.<コマンド名> => custom.dynamodb.ThrottledRequests.<コマンド名>
    • custom.dynamodb.UserErrors.UserErrors.<コマンド名> => custom.dynamodb.UserErrors.<コマンド名>
  • [unicorn] metric-key-prefix オプションをサポートしました。
  • [aws-elasticsearch] 取得するメトリックの種類・内容を改善しました。

go-check-plugins v0.14.0

  • [check-log] return オプション指定時、対象のファイル名も出力するようにしました。

fluent-plugin-mackerel v1.1.0

  • 依存パッケージ mackerel-client-ruby のバージョンを上げました。
    • これにより、fluent-plugin-mackerel による API リクエスト先が api.mackerelio.com になり、.io ドメインの不調の影響を回避できるようになっています。

今月の Mackerel 関連イベントのお知らせ

ここのところ Mackerel 関連のイベントを数多く開催していますが、まだまだ続きます!

10月27日(金)Mackerel UG 主催・モニタリング勉強会

Mackerel ユーザーの有志の方たちで立ち上げていただいたユーザーグループ、Mackerel UG主催のモニタリング勉強会が、10月27日(金)に LINE さんのオフィスで開催されます!

mackerel-ug.connpass.com

Mackerel UG 主催ではあるのですが、Mackerel のほかにも Zabbix・Prometheus といった OSS 監視ツールについてのお話もありますので、サーバー監視全般について考える良い機会かと思います。

10月31日(火)ブース出展 @ AWS CloudRoadShow 福岡

先日の名古屋に引き続き、AWS CloudRoadShow 福岡にも Mackerel がブース出展します!

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡 powered by Intel® 広島、大阪、名古屋、福岡の 4 都市を巡る無料クラウドカンファレンス開催! | アマゾン ウェブ サービス

AWS CloudRoadShow による全国行脚を締めくくるこのイベントに、ぜひお越し下さい!

10月30日(月)Geeks Who Drink in Fukuoka -モニタリング勉強会 Edition- に Mackerel チーム CRE が登壇!

上記 AWS CloudRoadShow 福岡の前日・10月30日(月)には、株式会社ヌーラボさんの福岡支社で開かれるGeeks Who Drink in Fukuoka -モニタリング勉強会 Edition-に Mackerel チームのCRE・id:Soudai が登壇します!

nulab.connpass.com

この勉強会でも、ヌーラボさんの実際のサービス(Backlog)の運用監視やGMOペパボさんからのコンテナ監視の知見などなど、多角的なお話を聞いていただけると思います。まだ参加希望枠に余裕がありますので、ご都合の合う方はぜひご参加ください!

史上最大のお祭り Mackerel Dayを開催しました

mackerelio.connpass.com

Mackerel正式リリース3周年を記念したイベント、"Mackerel Day"を10月5日に開催しました。

平日の昼間からのイベントにもかかわらず、100人近い人で会場が埋め尽くされ、大盛況のイベントでした。 参加人数の多さだけでなく、セッション数やイベント開始から終了までの時間など、何もかもがMackerelイベント史上最大規模でした。

Mackerelスタッフも含めた総勢8名のセッションで構成され、イベント当日のTwitterハッシュタグ(#mackerelday)も大いに盛り上がっていました。

Mackerelリリース3周年の振り返りとこれからの成長について

最初のセッションはプロデューサーの杉山から。Mackerelの特徴を改めてご紹介しつつ、1分粒度の保存期間延長など、今後の取組みについても紹介されました。

アプリケーションエンジニアがMackerelで楽しく監視構成している事例

DMM.com ラボさんの事例です。トライアル導入時のスピード感ある展開や、Mackerelによって得られた「価値」について、たいへん楽しく発表していただきました。

Mackerel インフラ基盤 AWS 移行の舞台裏

はてなのWebオペレーションエンジニアの大野からは、Mackerelの基盤をAWSへ移行した際の技術詳細などが発表されました。 質疑応答では、技術的な話題だけでなく、移行に伴うコスト感についての話も出るなど、盛り上がっていました。

大丈夫! Mackerel には CRE がいます

はてなCREの井上からのセッション。"問い合わせに対する同営業日中の回答率 90%" などの具体的な数字を交えながら、Mackerelチームがどのようにユーザーさんとコミュニケーションをしてどのように価値を届けているか、という内容が話されました。

freeeでMackerelを使って一年間サービスを運用してみた事例紹介

freeeさんの利用事例の紹介です。Mackerelで日々リリースされる新しい機能をすばやく使いこなし、とても便利に活用されている様子が紹介されていました。

Mackerelを導入して変わったN個のこと

GMOペパボさんの事例です。「入社したらそこにMackerelがあった」というMackerelネイティブの髙石さんの発表。ペパボさん社内での活用事例をN個のトピックにまとめてくださいました。N個が実際は何個なのかは、スライドをご覧になってください。

Driving Mercari with 50+ custom Plugins

メルカリさんの事例です。世界に展開するサービスの監視だけあり、圧巻の発表でした。特にセッション内で紹介された、独自に作られているプラグインは、弊社のスタッフも唸ってしまうほど。ぜひスライドをご覧になってください。

AWS Ecosystem with Mackerel

最後のセッションはAWS酒徳さんによるAWSのエコシステムについて。AWSにおけるDevOps系サービスについて紹介していただきました。

懇親会

懇親会では、3周年記念ケーキが登場!!

Mackerelのグラフを忠実に再現したクッキーでデコレーションされていて、来場の皆さんに召し上がっていただきました。

また、スタッフとの交流だけでなく、ユーザー同士の活発な意見交換も見られ、たいへん楽しいひとときとなっていました。

Mackerelでは今後もこのようなイベントを定期的に開催していきます。 どうぞよろしくお願いします!!

.ioドメイン不調対策として mackerel-agent をアップデートしました ほか

昨日は Mackerel 正式リリース3周年イベントであるMackerel Dayの開催日でした。

mackerelio.connpass.com

豪華登壇陣による大変濃密な発表もあり、また Mackerel 談義に花を咲かせる懇親会もあり、おかげさまで大変な盛況のうちに会は閉幕しました。ご登壇いただいたみなさま、そして参加者のみなさま、本当にありがとうございました。 また別途、開催レポートをこちらのブログにてお伝えできればと思います。

それでは、今週のアップデートです。

.ioドメイン不調対策として mackerel-agent をアップデートしました

以下の記事でもお知らせしておりました .io ドメインの不調とそれにともなう Mackerel の対策ですが、今週、その恒久対策を含んだ形で mackerel-agent をアップデートしています。

mackerel.io

具体的には、エージェントからの Mackerel への API リクエスト先を mackerel.io から api.mackerelio.com に切り替えるような変更をおこなっています。 これを受けて、死活監視の判定間隔の変更などの暫定対応についても、順次本来の状態に戻していく予定です。

mackerel-agent をご利用の皆様は、エージェントのアップデートを実施していただくか、もしくは、設定ファイルの一番上の行に apibase = "https://api.mackerelio.com/" の記述を追加の上、エージェントの再起動を実施してください(KCPS版 Mackerel を除きます)。

Mackerel 関連 OSS をアップデートしました

上記以外の mackerel-agent のアップデート内容も含め、以下に紹介します。

mackerel-agent v0.46.0

  • include_pattern exclude_pattern の指定ができるようになりました。
    • これにより、メトリックプラグインから送信するメトリック種別をフィルタすることができます。
    • 詳細はこちらの PullRequest をご確認ください。

mackerel-agent-plugins v0.35.0

  • [twemproxy] サーバーごとのメトリックをデフォルトで取得しないように変更しました。
    • 以前の挙動が好ましい場合は -enable-each-server-metrics オプションをご利用ください。

mkr v0.21.0

  • Mackerel への API リクエスト先を mackerel.io から api.mackerelio.com に切り替えました

mackerel-client-ruby v0.3.0

  • Mackerel への API リクエスト先を mackerel.io から api.mackerelio.com に切り替えました
  • ホストの検索に customIdentifier が利用できるようにしました
  • メタデータAPIをサポートしました

OpsGenie、PagerDuty において、Mackerel 側のアラートクローズと連動させない設定が可能になりました

f:id:mackerelio:20171006103951p:plain

f:id:mackerelio:20171006105424p:plain

通知チャンネル・OpsGenie、PagerDuty の設定オプションとして、Mackerel のアラートクローズに応じて OpsGenie/PagerDuty 側のアラートクローズをさせるかどうかを指定できるようになりました。 チーム内でのインシデント管理のスタイルに合わせて、活用してください。

不正な通知先が設定されている通知チャンネルがサスペンドされるようになりました

無効なURLが設定されている・通知先となるURLが削除されてしまった、などの理由で一定回数以上通知に失敗した通知チャンネルが自動的にサスペンドされるようになりました。 サスペンドされている間は、通知チャンネル一覧において、以下のように表示されます。

f:id:mackerelio:20171006103911p:plain

「サスペンド解除」をクリックすることで、その状態を解除することができます。

f:id:mackerelio:20171006103840p:plain

その他のアップデート内容

  • Lambda インテグレーションにメトリックを追加しました。
    • Iterator Age [ms]
    • Iterator Age [ms] per alias
    • Iterator Age [ms] per version
  • PagerDuty への通知で、通知メッセージが長い時に通知に失敗していた点を修正しました。
  • カメラボタンでのグラフを共有する際、積み上げグラフに表示を切り替えていても、その状態が維持されるようになりました。

URL外形監視のレスポンスタイム計測の仕様調整に関する事前のお知らせ

Mackerelサブプロデューサーの id:Songmu です。

10/12(木) にURL外形監視のレスポンスタイム計測に関する仕様調整を行う予定です。リリースは、14:00-16:00(日本時間) の間を計画しています。調整内容は以下の2点です。

  • 外形監視のレスポンスタイム測定にDNSの名前解決時間を含めない
  • HTTPレスポンスが返ってこなかった際にレスポンスタイムを記録しない

外形監視のレスポンスタイム測定にDNSの名前解決時間を含めない

URL外形監視で計測しているレスポンスタイムは現在DNSの名前解決時間を含んでおりますが、DNSキャッシュのTTL切れの際に、名前解決が行われる分レスポンスタイムが上振れてしまうという現象があり、監視上のノイズになりがちです。

その対策として、今回の仕様調整で、レスポンスタイムに名前解決時間を含めないようにいたします。

HTTPレスポンスが返ってこなかった際にレスポンスタイムを記録しない

現在は、リクエスト対象のサーバーからHTTPレスポンスが返ってきたか否かにかかわらず、レスポンスタイム計測をおこない、Mackerelへの投稿をおこなっています。

現状、HTTPレスポンスが返ってきていないにも関わらず、レスポンスタイムを計測しているケースに以下のようなものがあります。

  • 名前解決失敗時やTCPコネクションが拒否された場合には、0ミリ秒に近い値が計測される
  • 接続がタイムアウトした際には15000ミリ秒が計測される(15000ミリ秒はURL外形監視クライアントの仕様上のタイムアウト設定値)

これらは直感的な挙動ではないと考えており、これらの場合は、レスポンスタイムの計測は行わず、サーバーがHTTPレスポンスを返したときのみ、レスポンスタイムを記録するように変更します。

HTTPレスポンスが返ってこなかった場合に、アラートが発生する挙動は変わりありません。

今回の調整に関するユーザーへの影響について

レスポンスタイム監視をおこなっている場合、必要に応じて閾値の調整をお願いいたします。基本的には大きな影響はないと考えています。

今後のURL外形監視の調整について

URL外形監視は、Mackerel本体のシステムが利用しているサーバーから直接ユーザーのURLにリクエストをする仕組み上、システムの負荷や、中間ネットワークの経路等、様々な影響を受けやすく、観測のゆらぎが発生しやすい構造になっています。

それらの品質を安定させていくために、今回に限らず、随時細かい調整を入れていきます。

今後ともMackerelを宜しくお願い致します。

Mackerel利用規約の改定について

本日、Mackerel利用規約の改定を行いました。改定内容は以下の通りです

利用規約 日本語版

  • 第4条(情報の保護)に弊社プライバシーポリシーへの導線を追加しました
  • 第7条(利用料金) に販売パートナーによる取扱いについての記載を追加しました
  • 第15条(準拠法および管轄裁判所)を 第15条(準拠法および管轄裁判所・言語) とし、正本が日本語である旨を追加しました
  • 誤記や言い回しなどの細かな修正を行いました

mackerel.io

利用規約(KCPSユーザー様向け)

  • 第4条(情報の保護)に弊社プライバシーポリシーへの導線を追加しました
  • 上述の「利用規約 日本語版」にて販売パートナーについての取扱を記載したことに伴い、第7条(利用料金)の文言を「利用規約 日本語版」と統一しました
  • 誤記や言い回しなどの細かな修正を行いました

mackerel.io

Mackerel利用規約 英語版

  • 翻訳全般を見直し、日本語版との相違点を修正しました

mackerel.io