読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mackerel ブログ #mackerelio

Mackerelの公式ブログです

アラート詳細画面が自動更新されるようになりました ほか

weekly

先週土曜日に開催されました Open Cloud Innovation Festa 2016 に、 Mackerel プロデューサーの杉山 id:sugiyama88 が登壇しました。

そしてありがたいことに、このイベントでのベストスピーカー賞・2位を受賞させていただきました!セッションへご参加いただいた方々、すばらしいイベントを運営頂いた方々へ厚く御礼申し上げます。

speakerdeck.com

さらになんと、このイベントのあった9月17日は Mackerel の誕生日! おかげさまで2周年となりました。

今後も Mackerel は進化し続けていきますので、どうぞよろしくお願いします!

アラート詳細画面が自動更新されるようになりました

アラート詳細画面のグラフが自動で更新されるようになりました。更新間隔は1分です。

目まぐるしく状況が変化するようなアラートの対応をする際に、アラート詳細画面を常に開き状況を確認しつつ対応、ということをしていただきやすくなったかと思います。

実はこの機能も、先日のサマーインターンで Mackerel チームに配属された学生エンジニアの方が実装してくれたものなんです。インターン期間が終わり、社員エンジニアの最終チェック・微調整を終え、今週のリリースとなりました。

インターン期間中には収まらないほどの数の機能を開発してくれたインターン生に、改めて拍手を送ります!

【事前予告】connectivity 監視の仕様を変更します

いわゆる死活監視である Mackerel の connectivity 監視ですが、この監視の仕様は「ホストメトリックの投稿が一定時間以上行われていない場合、connectivity アラートを発生させる」というものになっています。

ホストメトリックとは、mackerel-agent が標準で取得・送信するシステムメトリックと、プラグインなどで追加で取得されるカスタムメトリックの両方のメトリックを指しています。

この connectivity 監視の仕様を、「システムメトリックの投稿が一定時間以上行われていない場合、connectivity アラートを発生させる」というものに変更しようと考えています。

カスタムメトリックは APImkr など、mackerel-agent 以外から投稿される可能性があるためです。

この仕様変更により、カスタムメトリックのみしか送っていないホスト(AWSインテグレーションにより連携しているホストなど)では connectivity アラートが発生しなくなります。

この仕様変更のリリースを行った際には、この場で改めて告知します。監視についての仕様の変更となるため、ご注意いただければと思います。

作成済みのAWSインテグレーションのアクセスキーを編集できるようになりました

weekly

昨日から東京ゲームショウのビジネスデイにMackerelブースを出展しています。

たいへん多くの方にご来場いただいており、どうもありがとうございます! 出展は9/15(木), 9/16(金)のビジネスデイのみとなります。

今週のアップデートです。

作成済みのAWSインテグレーションのアクセスキーを編集できるようになりました

これまで、作成済みのAWSインテグレーションではアクセスキーを変更する場合、一度設定を削除して新しく作り直す必要がありました。

今回のアップデートで、編集時にもアクセスキーを変更することができるようになりました。

Open Cloud Innovation Festa 2016 にブース出展 & 登壇します

明日17日、Open Cloud Innovation Festa 2016 Day2 にブース出展します。

Mackerel開発チームプロデューサーの 杉山も15時より登壇を予定します。

お近くの方はぜひ遊びにいらしてください。

各アラートにメモを残せるようになりました・アラートグラフへの閾値表示の追加・mackerel-agent 0.35.0 リリース ほか

weekly

こんにちは。Mackerel セールスエンジニアの id:a-know です。

去る9月6日、このブログでもお伝えしておりましたとおり、GCP Next Tokyo にてブース出展させていただきました!

セッション内容もさることながら、非常に多くの方に来訪いただき、非常に濃密な1日となりました。

そして、今週のリリースもかなり濃密なものになりそうです。早速ご紹介しましょう!

各アラートにメモを残せるようになりました

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mackerelio/20160909/20160909073252.png?1473373988

発生した各アラートの詳細画面にて、メモを残すことができるようになりました。 「現在対応中!」「静観して下さい」といった内容を書き残しておくことで、そのアラートの対応状況などをメンバーに伝えやすくなります。

また、このメモはアラートの絞り込みの条件にも指定することができます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mackerelio/20160909/20160909073407.png?1473374053

アラートグラフと式監視プレビューグラフで閾値の線を表示を追加しました

アラート詳細画面のグラフと式監視ルールの作成画面のグラフで、設定した閾値を示す線が表示されるようになりました。 式による監視ルールは、オーガニゼーションの設定の「実験的機能」を有効にすることで作成できるようになります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mackerelio/20160909/20160909073537.png?1473374143

特にアラート詳細画面では、閾値に対してどれだけ超えているのかということがより視覚的にわかりやすくなり、状況の把握にも役立ちます。 ぜひ、活用してください! (CPU % やMemory % などの%グラフに対する監視は、その合計に対する割合を閾値として指定する形になるため、閾値の線は表示されませんのでご注意ください。)

ディストリビューション情報の表示を追加しました

ホスト詳細画面のハードウェア情報にディストリビューション情報も表示するようにしました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mackerelio/20160909/20160909073441.png?1473374085

複数のディストリビューションのホストを Mackerel で統合的に管理しているような場合、その確認を Mackerel 上で完結させることができますね!

mackerel-agent を最新版にアップデートすることで、プラットフォーム情報もよりわかりやすく表示されるようになります。ぜひ試してみてください!

そして、今週のリリース内容の全てを担当したのは・・・

先週のリリース内容の開発を担当したのは現在 Mackerel チームに配属中のインターン生、ということはお伝えしたとおりなのですが、なんと!今週のリリース内容である、

  • 各アラートへのメモ機能
    • その絞り込み機能
  • アラート詳細画面などのグラフへの閾値の線表示の追加
  • ディストリビューション情報の表示追加
    • プラットフォーム情報を取得できるよう、mackerel-agent への機能追加

これらの機能のすべてについても、配属中のインターン生による成果なんです!!

とはいえ、Mackerel はお客様の大切なサーバーを監視するためのプロダクト。社員エンジニアによる綿密なサポート・レビューもしっかりと行われました。

そんなインターン期間も、はやいもので今日が最終日。他のインターン生も含めた成果発表会も今日、行われます。 素晴らしいバリューを発揮したインターン生のみなさんに、心から拍手を送りたいと思います!

mackerel-agent などのリリース

mackerel-agent 0.35.0

filesystem における size の計算方法を変更しました

Mackerel では、今までは filesystem における size として、ファイルシステムの予約領域分を考慮しない全体のサイズ(ブロック数 ☓ 1024)を用いてきました。 今回のリリースではこの計算方法を「使用領域+利用可能領域」とするようにしました。これは、予約領域分を考慮した上で使用割合などを計算する df コマンドの方式とも同じとなります。

HTTP_PROXY を mackerel-agent.conf で設定できるようにしました

mackerel-agent に対しHTTP Proxy 経由で通信を行うように設定する方法として、環境変数 HTTP_PROXY に値を設定するという従来までの方法に加え、mackerel-agent.conf に設定を追記する方法にも対応しました。

詳細については公式ヘルプもご覧ください。

mackerel.io

その他、細かい修正も行っていますので、ぜひエージェントをアップデートしてみてください。

mackerel-agent-plugins 0.22.1

  • mackerel-plugin-memcached での -metric-key-prefix サポートを追加

go-check-plugins 0.6.3

9月15日、16日の東京ゲームショウ2016に出展します

リリースだけでも盛り沢山な内容でしたが、さらにブース出展の情報です。

9月15日、16日の東京ゲームショウ2016(ビジネスデイ)に、我々 Mackerel も出展いたします!

東京ゲームショウ2016 | TOKYO GAME SHOW 2016

幅広いお客様にご利用いただいているMackerelを、ここでも目一杯アピールしてこようと思います!

GCE のインスタンス情報の表示に対応しました・第2回 Mackerel Hands-On Seminar 参加者募集中!

weekly

こんにちは。Mackerel セールスエンジニアの id:a-know です。

一昨日・8月31日に、Hatena Engineer Seminar #6 〜インフラ編〜 を開催し、私もそこで LT 登壇をしました。 その後の懇親会では、Mackerel ユーザーの方・興味を持って頂いている方から声を掛けていただき、Mackerel についてのお話やセールスエンジニアという職種についてあれこれとお話をすることができました。

懇親会終了の時間が来るのがあっという間に感じられるほど楽しい時間でした。今後も様々な形でみなさんとお会いできる機会を増やしていきたいと思っています。

それでは、今週のリリース情報です。

GCE のインスタンス情報の表示に対応しました

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mackerelio/20160902/20160902064316.png?1472766212

ホスト詳細画面やホスト一覧画面において、GCE(Google Compute Engine)のインスタンス情報の表示に対応しました。 ホスト詳細画面では GCP の Project ID の表示にも対応していますので、複数プロジェクトにわたる GCE インスタンスを Mackerel で統合的に管理している場合などに便利に活用して頂けるかと思います。

ちなみに、先週お伝えした Mackerel 配属のインターン生がこの機能の開発を担当してくれました。インターン期間も残すところあと1週間、来週のリリースも楽しみです。

第2回 Mackerel Hands-On Seminar 参加者募集中!

記念すべき初回の Mackerel Hands-On Seminar はまさかの台風直撃により順延となってしまったのですが、それにも負けず、第2回の募集を開始しております!

mackerelio.connpass.com

サーバー監視の必要性から、Mackerel を使った監視の設定方法、アラート対応を実践形式で学べるような内容になっています。 ぜひご応募ください!

GCP NEXT Tokyo 2016 に出展します

先週もお伝えしましたが、いよいよ来週の開催となりますので再掲します。

Google Cloud Platform に関しての国内最大のイベントである GCP NEXT Tokyo 2016 に、Mackerel も出展いたします。 開催日は 9月6日(火)です。ご来場された方はぜひ、Mackerel のブースにもお立ち寄りいただけるとうれしいです!

イベントの詳細はこちらからご確認ください。

アラートの通知に失敗した際、再送するようになりました・GCP NEXT Tokyo 2016 に出展します

weekly

こんにちは。Mackerel セールスエンジニアの id:a-know です。

私は普段、東京の南青山オフィスに勤務しているのですが、今週は台風の直撃から始まった一週間でした。

一度は南の方に向かった台風10号も今またUターンして日本列島に向かっているとのことなので、また気をつけて来週を迎えたいですね。

それでは、今週のリリース情報をお伝えします。

アラートの通知に失敗した際、再送するようになりました

メールや slack などの方法で受け取れるアラートの通知ですが、何らかの理由でその通知に失敗した場合に一定間隔をおいて再送するようになりました。

通知の失敗が続いた場合、再送間隔を伸ばしながら一定回数リトライするようになっています。 そのため、場合によっては通知内容が前後する可能性がありますので、その点はご注意ください。

GCP NEXT Tokyo 2016 に出展します

来る 9月6日、Google Cloud Platform に関しての国内最大のイベントである GCP NEXT Tokyo 2016 に、私たち Mackerel も出展いたします。

当日来場される方はぜひ、Mackerelブースにお立ち寄りください。

イベントの詳細はこちらからご確認ください!

AWSインテグレーション対象ホストのconnectivity監視設定について

AWSインテグレーション対象ホストは、その性質上、ときおりメトリックの一時的な欠損が起き、場合によってはMackerelで意図しないconnectivityアラートが発生することがあります。一部のユーザー様にはご迷惑をおかけしており申し訳ありません。

connectivityアラートは、一定時間メトリックの投稿がおこなわれていないホストに対して発生します。また、AWSインテグレーションはCloudWatch API を用いて各種メトリックを取得します。そのAPIリクエストによるメトリック取得が確率的に失敗することがあり、その状態が長く続くと場合によってはconnectivityアラートが発生することになります。

CloudWatchなどのAWSサービス側の稼働状況に関しては http://status.aws.amazon.com/ も合わせてご参考ください。

上記を踏まえ、必要に応じて、connectivity監視の除外設定をおこない、アラートを抑制することをご検討ください。

具体的な手順は以下のとおりです。

  1. AWSインテグレーション設定時にデフォルトロールを設定する
  2. connectivity監視設定の「監視対象の絞り込み」より上記のロールを除外条件に加える

本件に関しましては、仕様の調整を含めて改善を検討してまいります。

今後共Mackerelをよろしくお願いいたします。

AWS インテグレーションが EC2 に対応しました・mackerel-agent 0.34.0 リリース ほか

weekly

こんにちは、Mackerel セールスエンジニアの id:a-know です。

今週から、はてなサマーインターン2016 が始まりました!15日に開催されたインターン歓迎会には私も参加して皆さんの自己紹介を聞いていたのですが、いやはや、「優秀」という言葉では言い表せないほど素晴らしい方々が参加してくれているんだな、と改めて実感しました。私も負けていられませんね!

Mackerel チームにもインターン生が配属される予定です。こちらの告知で皆さんにお届けできるような機能の実装を期待しつつ、今週のリリース情報をお知らせします。

AWS インテグレーションが EC2 に対応しました

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mackerelio/20160818/20160818185328.png?1471514025

AWSインテグレーションで EC2 のメトリックを収集できるようになりました。これにより、mackerel-agent を導入せずとも EC2 インスタンスの監視ができます。

mackerel-agentがインテグレーション対象のEC2に導入されている場合でも、Mackerel上でホスト情報は自動的に統合され、同一ホストとして登録されます。課金対象ホストとして重複カウントされることはありません。

ただし、バージョン0.34.0 以降の最新の mackerel-agent をご利用いただく必要があります。

EC2の場合、AWSインテグレーションで簡易的な監視をおこない、より詳細な監視をおこないたい場合に、mackerel-agentを導入するのがおすすめです。

設定方法に関しての詳細は、以下ヘルプページもご覧ください。

mackerel.io

AWSインテグレーションでは、引き続き対応製品を拡張していく予定です。

mackerel-agent 0.34.0 リリース

  • custom_identifier によるホスト識別の際のリトライ回数を抑制
  • スリープからの復帰時に checker が大量に呼び出される問題を修正
  • チェック監視によるメッセージを1024文字で切り詰めるように
  • その他、細かい修正を行いました。

Mackerel Hands-On Seminar 募集開始のお知らせ

「Mackerel Hands-On Seminar」と題して、サーバー監視の必要性から、Mackerelでの監視設定・アラート対応を実践形式で学んで頂けるハンズオンセミナーの募集を開始いたしました。

mackerelio.connpass.com

講師は私、id:a-know が務めさせて頂きます。

サーバー監視に関する一般的な基礎から、Mackerel を用いた実際の監視設定、アラート対応までを体験していただける内容を予定していますので、抽選ではありますが、ぜひご応募下さい!