読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

監視・通知を設定する

Mackerelでは、登録しているホストを監視し、状況に応じてアラートを通知することができます。

監視機能を有効にする

監視対象となるホスト

  • 監視対象となるホストは、そのステータスが "working" または "standby" であるもののみです。
  • 新規登録されたホストのステータスのデフォルト値の設定は[オーガニゼーショントップ]→[設定]タブ より行えます。もしくは https://mackerel.io/my?tab=setting リンクより直接設定も可能です。 初期状態を”working”にすることにより、ホスト登録直後からアラート通知を受け取ることができます。
  • ステータスが "standby" であるホストについては後述する通知が行われず、ウェブでの確認のみとなります。
ステータス 監視 通知
working される される
standby される されない
maintenance されない されない
poweroff されない されない

ホストの退役やステータス変更時のアラートの扱いについて

ホストを退役させた際には、そのホストに関連するアラートは自動的に閉じられます。

ホストのステータス変更時には、アラートに対する自動的な操作は一切おこなわれません。

"standby" 状態時に発生したアラートは、その後ホストの状態を "working" に変更したとしても、アラートの発生通知はおこなわれません。このケースでは、その後アラートの状態が変更された場合か、通知の再送間隔が設定されており、その間隔が過ぎた場合に通知がおこなわれます。

ホストの状態を "maintenance" や "poweroff" に変更した場合、その時既に発生していたアラートについては、その後閾値異常や疎通が回復したとしても自動的には閉じられません。"working" や "standby" にステータスを戻し、異常状態が回復すればアラートは自動的に閉じられます。

死活監視

mackerel-agentをインストール・起動 したホストに対しては、死活監視が自動的に行なわれます。

死活監視はmackerel-agentからのメトリックの定期投稿を監視しています。一定期間この投稿がない場合、Mackerelはそのホストに異常が発生したと判断してアラートを発生させます。

メトリック監視

mackerel-agentから投稿されるメトリック(ユーザ定義メトリックを含む)に対して、閾値による監視を行えます。閾値にはWarningとCriticalの2段階を設定可能です。

閾値は投稿される値との比較になりますが、CPU使用率およびメモリ使用率は割合で指定できます。

監視ルール

監視ルールには以下の項目が含まれます。

  • 名前
  • 監視対象のメトリック
  • Warning条件
    • 比較演算子
    • 閾値
  • Critical条件
    • 比較演算子
    • 閾値
  • 条件の持続時間
    • この期間の平均値を監視してアラートを発生させます
  • 監視対象のホストが所属するサービスおよびロール

  • 注意事項

    • 監視条件の閾値はいつでも変更することができます。監視対象メトリックの変更はできません。
    • 閾値を変更すると、既に発生済みのアラートはそのままの状態になりますので、手動で閉じていただく必要があります。
    • 監視対象のホストが所属するサービスおよびロールは複数指定できます。ひとつも指定しない場合、すべてのホストが監視対象となります。
    • 監視対象として指定されているロールがすべて削除された場合、その監視ルールはすべてのホストに対して実行されます。
    • 同じメトリックに対して複数の監視ルールがある場合、それぞれの監視は個別に実行されます。

監視ルールを作成する

監視ルール一覧画面で監視ルールを一覧できます。この画面右上の「監視ルールを追加」から監視条件を新規作成できます。

アラートを確認する

アラート一覧画面でアラートを確認できます。

アラートを閉じる

発生したアラートは異常状態が回復すれば(ホストからの疎通が復活する・メトリックが閾値を外れる)自動的に閉じられますが、アラート一覧画面や個別のアラート画面から「アラートを閉じる」ボタンにより手動で閉じることもできます。

アラート通知を抑制する

アラート設定より、アラート通知を一時的・恒久的に抑制できます。この設定がDisabledまたはSuspendedになっている場合、アラートが生成される際に通知を行いません(アラートの生成は通常どおり行われます)。

通知

Mackerelは、アラートが生成された際・アラートの状態に変化があった際・閉じられた際に通知をおこないます。

通知チャンネルの設定より、アラートの通知チャンネルを編集できます。対応している通知チャンネルはEメールとWebhookの他に、Slack、HipChat、TypeTalk、ChatWork、PagerDuty、im.kayac.com など多くのWebサービスと連携可能になっています。対応チャンネルは随時追加していきます。

メールブロードキャストはそのオーガニゼーションに所属しているすべてのメンバーにメールを一斉送信します(個人設定により受け取らないように変更できます)。その他の通知チャンネルの設定の詳細については、ヘルプのサイドバー「アラート/alerts」をご確認下さい。

通知メールを受け取らない(個人設定)

個人設定ページより、アラート一斉送信通知メールを受信しない設定にできます。

通知グループで柔軟な通知条件を設定する

Mackerelでは、通知グループを作成することでチームの通知チャンネルに特定のサービスの通知のみを行うなどの柔軟な通知条件を設定することができます。通知グループは通知チャンネルと同じように通知チャンネル設定 のページから作成することが出来ます。

https://f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mackerelio/20150612/20150612114611_original.png

設定したサービス/監視ルールに関する通知のみが、通知グループに所属するチャンネルに送られるようになります。

全ての通知を受け取る通知グループ

オーガニゼーションにはそれぞれ一つ全ての通知を受け取るデフォルトの通知グループが存在します。新しい通知チャンネルを登録した時は自動的にデフォルトの通知グループに所属します。

他の通知グループを無視

通知グループに監視ルールを設定するときに 「他の通知グループを無視」にチェックを入れると、その監視ルールからの通知はその監視ルールを設定した通知グループにのみ通知され、オーガニゼーションのデフォルト通知グループなどには通知されなくなります。

設定例

connectivityFilesystem% の監視設定は 運用チームの HipChat に通知し、それ以外は Email と Slack に通知する場合は下図のようになります。

https://f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mackerelio/20150612/20150612114613_original.png