Auto Scaling環境で使う

AWS Auto ScalingHerokuなど、負荷に応じて自動的にサーバーを増減させるAuto Scalingの仕組みは徐々に普及しつつあります。 ここではAuto Scaling環境でMackerelをうまく使うための方法を紹介します。Herokuを利用している場合は、HerokuをMackerelで監視するも合わせて参照してください。

mackerel-agentのAuto Scaling環境向け設定

まずはmackerel-agentのAuto Scaling環境に向けた推奨設定を紹介します。

ホスト起動時にホストステータスをworkingにする

Auto Scaling環境で起動したホストが、自動的に監視・通知対象となるように起動時にホストのステータスを working とすることを推奨します。 これは、mackerel-agentの設定ファイルに以下のような指定をすることで実現できます。

# /etc/mackerel-agent/mackerel-agent.conf
[host_status]
on_start = "working"

上記の設定をしなくてもオーガニゼーションの設定でデフォルトのステータスが working となっていれば同様の挙動となります。 詳しくはアラートのヘルプを参照してください。

ホスト縮退時に自動退役させる

Mackerelでは、ホストが停止しmackerel-agentが終了すると、connectivityアラートを発生させます。 これは通常のホストでは突然のホスト停止を検出できて有益です。

一方、Auto Scaling環境ではホスト停止は異常動作ではありませんので、 ホスト停止時にMackerel上でもホストの退役処理を合わせて行うことでアラートが発生しないようにします。 mackerel-agentの起動方法によって次の2つの方法がありますので、ご利用の方法に合わせて設定してください。

rpm/debでインストールし、initスクリプトで起動している

パッケージインストールした場合はinitスクリプト用の環境変数設定ファイルに一行追記するだけで簡単に自動退役を実現できます。

環境変数設定ファイルはyum/rpmの場合は/etc/sysconfig/mackerel-agent、deb/aptの場合は、/etc/default/mackerel-agent となっており、そのファイルに次の1行を追記します。

AUTO_RETIREMENT=1

この指定をしておくと、シャットダウン時(正確には /etc/init.d/mackerel-agent stop 時)にホストが自動的に退役されます。

注意 手動で /etc/init.d/mackerel-agent stop を打った場合でもこの指定がされていた場合にはホストは退役されてしまいます。エージェントのバージョンアップ時など、エージェントをstop/startさせたい場合には、 /etc/init.d/mackerel-agent reload を使うようにして下さい。

詳細はmackerel-agent仕様及び自動退役や自動ステータス変更 - オートスケールやスタンバイ機の管理のための自動化を参照ください。

シェルスクリプトで起動している

パッケージインストールではない場合や、パッケージインストールをしていてもinitスクリプト経由ではなく独自のシェルスクリプトによって起動している場合、シェルスクリプトの終了時に退役処理が自動実行されるようにします。

退役処理の自動実行は、mackerel-agent retire [-force] という退役用のサブコマンドとtrapコマンドを利用することで実現できます。 次のようにmackerel-agentを起動するシェルスクリプトの中でtrapコマンドを利用した退役コマンドをシグナルハンドラとして仕込んでおきます。

trap 'mackerel-agent retire -conf /etc/mackerel-agent/mackerel-agent.conf -force' INT TERM
mackerel-agent -conf /etc/mackerel-agent/mackerel-agent.conf

これにより、SIGINTまたはSIGTERMが送られてきた場合に自動退役処理をしてから終了しますので、herokuやAWSのAuto Scaling環境下でホスト増減に合わせてホスト登録・退役処理が自動実行されるようになります。

Auto Scaling対応のグラフを見る

https://f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mackerelio/20150730/20150730191150_original.png

MackerelではAuto Scaling環境でホストが増減したり入れ替わった際に過去のホストも、上の例のようにロールグラフ上に表示されます。 ロールグラフとは、各サービス画面のロールごとにホストがまとめられたグラフのことです。

Auto Scaling環境下でも、ロールを指定することで見易いグラフを自動生成できますので、うまくサービス・ロールを指定してみてください。 具体的な設定方法はmackerel-agent仕様のヘルプを参照ください。