読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

利用規約

第1条(はじめに)

  • この利用規約は、株式会社はてな(以下「当社」)が本サイト上で提供する全てのサービス(以下「本サービス」)における利用条件を定めるものです。ユーザーのみなさま(以下「ユーザー」)には、本規約に従い本サービスをご利用いただきます。
  • 本サービス内には、本規約以外に「ヘルプ」や各種ガイドラインにおいて、本サービスの利用方法や注意書きが提示されていることがあります。これらも本規約の一部を実質的に構成するものですので、合わせてお読みください。
  • 当社が本サービスの利用促進のために提供するアプリケーションなどに関しては、本規約と合わせ、それぞれのアプリケーションの利用規約が適用されます。

第2条(ユーザーの定義と登録)

  • ユーザー登録のための書式に必要な内容をデータ入力・送信し、当社が承認した者をユーザーと定義します。
  • 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合は、当社の判断によって、登録ユーザーとなろうとする者についてはユーザー登録を承認せず、既にユーザー登録が承認された者については、本サービスの一部および全部の利用制限、または、ユーザー登録の取り消しを行い、以降一切の本サービス利用をお断りすることがあります。 また、それによりユーザーまたは第三者が被った損害に関し、当社は一切の責任を負いません。
    • ユーザー登録内容に虚偽があった場合
    • ユーザー登録後に内容変更が生じた際にユーザー自身が登録変更を行わなかった場合
    • ユーザーが本規約に違反した場合
    • ユーザー登録をしたにも関わらずユーザーが一定期間本サービスを利用しなかった場合
    • 通常の範囲での利用以外での特殊なアクセスを行った場合
    • システムに対し過剰な負荷をかけた場合
    • 不正アクセスやクラッキングに相当する行為を行った場合
    • ユーザーが反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会的勢力これらに準じるものをいう。以下同様。)に該当する、または資金提供その他の方法により反社会的勢力等に協力、または関与していると当社が判断する場合
    • その他当社が不適切だと判断した場合

第3条(IDとパスワード)

  • ユーザーがユーザー登録を行う際には常時受信が可能なメールアドレスとパスワードを設定します。
  • 自身の登録したメールアドレスとパスワードの管理は自己の責任で行うこととします。
  • メールアドレスとパスワードを利用して行われた行為は、そのメールアドレスで登録を行ったユーザーが行ったものとみなします。
  • ユーザー登録の際に登録されたメールアドレスおよびその他の情報は、正確かつ適法でなければなりません。
  • メールアドレス、パスワードは譲渡または貸与することを禁止します。
  • メールアドレス、パスワードが第三者に漏洩した場合、または第三者に利用された場合はただちに当社にご連絡ください。なお、ユーザーの行為を原因として不正にログインされ発生した損失、損害について、当社では一切責任を負わず、賠償はいたしかねます。
  • 当社が必要と判断した場合、特定の登録ユーザーに対してユーザー名、パスワードを抹消し、本サービスの利用を禁止することがあります。

第4条(情報の保護)

  • 当社は、本サービスを提供するにあたり必要となる最小限の個人情報をユーザーから取得します。当社は、ユーザーから取得した個人情報や利用情報の保護に最大限の注意を払います。
  • 当社はユーザーから取得した個人情報や利用情報を以下の場合に利用します。
    • メールの受信など、ユーザーが本サービスを利用する場合。
    • 各ユーザーに最適化した情報を本サービス上に表示する場合。
    • 当社のサービスを向上させることを目的として、サービスの利用状況を分析する場合。
    • ユーザーまたは第三者に本サービスについて説明したり、ユーザーが自身の利用状況を相対的に確認するなど、サービスの利便性向上のために統計データを用いる場合。
    • ユーザーまたは第三者への連絡を行ったり、本人確認、規約違反行為の調査および対応、問い合わせ内容の調査など、個別の処理や業務に必要である場合。
    • 本サービスのプロモーションやセールスを目的として、サービスの利用状況やアンケートをもとに当社から連絡を行う場合。
  • 当社は以下の場合を除き、ユーザーから取得した個人情報や個人が特定されうる利用情報を第三者に開示したり改変することはありません。
    • 情報の開示、改変にユーザー本人の同意がある場合。
    • 令状に基づき開示を求められた場合や、個人情報を開示すべき法的義務を当社が負っている場合。
    • ユーザーが利用規約に反したとする合理的な疑いがあり、当社の権利、財産やサービス等を保護するため、必要と認められる場合。
    • ユーザーまたは第三者の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険性があり、緊急の必要性がある場合で、本人の同意を得ることが困難な場合。

第5条(ユーザーの責任)

  • 本サービスをユーザーが利用する場合、インターネットにアクセスする必要がありますが、そのためのあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段はユーザーご自身が各自の責任と費用において適切に準備、設置、操作していただく必要があります。当社はユーザーのアクセス環境について一切関与せず、これらの準備、操作に関する責任を負いません。
  • 当社より登録ユーザーに対して連絡を行う際には、登録メールアドレス宛の電子メールにて連絡を行います。登録ユーザーは当社からの電子メールを受信できるよう登録メールアドレス情報を正しく維持するものとし、何らかの理由で受信ができなくなった場合には、登録ユーザーは速やかに登録メールアドレスの変更を適切に行わなければなりません。当社からの電子メールが受信できなかったためにユーザーが被った不利益については、ユーザー自身に責任があるものとし、当社は一切の責任を負いません。
  • ユーザーが本サービスの利用により他人の権利を侵害した場合、あるいは本サービスの利用によって迷惑を受けたとする者が現れた場合には、当該ユーザーは自身の責任と費用において解決しなければならず、当社は一切の責任を負いません。
  • ユーザーは、(a)本サービスの利用(ユーザーのアカウントに基づき生じるあらゆる活動およびユーザーの従業員その他の人材による利用を含む。)、(b)ユーザーによる本契約の違反や適用される法律の違反、(c)本サービスと他のアプリケーション、コンテンツ、もしくはプロセスとの組合せ、または(d)ユーザーが本サービスの利用により他人の権利を侵害した場合、あるいは本サービスの利用によって迷惑を受けたとする者が現れた場合の紛争に関する第三者の請求により生じる、またはこれに関連する、あらゆる請求、損害、損失、責任、費用および支出(合理的な弁護士報酬を含む。)につき、当社、当社の関連会社およびライセンサー(該当する場合)ならびにこれらの各々の従業員、役員、取締役および代表者を防禦し、これらの者に補償し、損害を与えないものとします。

    第6条(禁止事項)

  • ユーザーは、本サービスを利用するに際し、故意過失を問わず、以下に該当しまたはそのおそれがある行為を、行為形態の如何にかかわらず、行うことはできません。
    • 他者の権利を侵害する行為
    • プライバシーを侵害する行為
    • 詐欺行為
    • 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘・運営する行為
    • 不正アクセス行為の防止等に関する法律に違反する行為、電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法第234条の2)に該当する行為をはじめ、当社及び他人のコンピューターに対して不正な操作を行う行為
    • その他犯罪に関わる行為あるいは法令に違反する行為
  • ユーザーは、本サービスを利用するに際し、以下のような不適切な行為を行ってはなりません。
    • 迷惑行為、嫌がらせ行為、誹謗中傷行為、他者に精神的被害・経済的被害を与える行為
    • 本サービスを利用して、反社会的勢力等の活動を助長または反社会的勢力等に利益を供与する行為
    • 社会通念上好ましくない行為、第三者に対して迷惑となり得る行為に対して、当社から注意勧告を受けたにも関わらず、正当な理由なく同様の利用を継続する行為
    • 当社の承諾無く本サービスあるいはアカウントを転用・売却・再販・譲渡する行為
    • 本サービスを本サービス利用以外の目的で利用する行為
  • ユーザーは、以上の各項の他、当社が不適切であると判断する行為を行ってはなりません。
  • ユーザーが以上の各項で規定する禁止行為に該当する行為を行っていると当社で判断した場合、当社は、本サービスの提供を停止できるものとします。また、当社は、かかるユーザーの行為により当社が被った損害、損失、責任、費用および支出(合理的な弁護士報酬を含む。)について、ユーザーに対し賠償を請求することができるものとします。

第7条(利用料金)

  • 本サービス利用に関する料金および手数料の額は、当社が別途定めるものとします。
  • ユーザーはサービスを利用する場合、それらに関わる費用を当社へ支払います。支払いの方法は当社が別途定めるものとします。
  • 当社が定めた支払い方法以外で料金を支払われた場合など、当社が入金を確認できなかったことにより、ユーザーまたは他者が損害を被った場合、当社は一切責任を負いません。
  • 登録ユーザーが、本規約ならびに本サービスに基づく当社に対する債務について、当社の定める期日を経過しても支払いを行わない場合、当該ユーザーは支払い期日翌日より支払い日までの期間において、当社の定める遅延損害金を当社に支払うものとします。
  • 当社は、本サービスの利用料金を予告無しに改定することがあり、ユーザーはこれに同意することとします。
  • ユーザーから当社に支払われた本サービスに関する一切の料金などは理由を問わず返還しないものとします。

第8条(サービスの一時停止)

  • 当社は、以下の理由による本サービスの停止により、ユーザーまたは第三者に不利益または損害が発生したとしても、一切責任を負いません。
    • 本サービス用その他当社の使用する設備やシステム等の障害、保守、点検、修理及びメンテナンス等の事由による場合
    • 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
    • 地震、噴火、洪水、津波、台風、大雪等の天変地異により本サービスの提供ができなくなった場合
    • 戦争、動乱、暴動、騒乱、テロ、労働争議、行政措置等により本サービスの提供ができなくなった場合
    • その他、運用上または技術上、当社が、本サービスの提供の一時的な停止を必要と判断した場合

第9条(責任限定)

  • 当社の責めに帰すべき事由によりユーザーに損害が生じた場合であっても、当社は、特別の事情から生じた損害(予見の有無及び可否を問わない。)、間接的損害、派生的損害及び逸失利益については損害賠償責任を負わないものとします。
  • 当社の責めに帰すべき事由により利用者に損害が生じ、当社が利用者に対し賠償責任を負う場合であっても、その賠償額は、請求原因の如何を問わず、本サービスの利用料の1か月分の金額を上限とします。
  • 当社の故意または重大な過失により利用者に損害が生じた場合については、前二項の規定は適用しません。

第10条(免責事項)

  • 当社は、以下の損害については、請求原因の如何を問わず、損害賠償責任を負わないものとします。
    • 当社は、本サービスがユーザーの皆様に役立つよう最大限の努力を行いますが、本サービスの内容において、欠陥、一部削除、変更、終了及びそれらが原因で発生したユーザーまたは他者の損害に対し、一切責任を負いません。
    • 当社は、ユーザーが本サービスを利用することによって他のユーザーまたは第三者との間における紛争が生じた際、同被害に基づく損害について、一切責任を負いません。
    • 当社は、ユーザーが本規約に反する、あるいはそのおそれがある行為を行った場合に、サービスの利用停止や登録取り消しなどを行う場合があります。また他者に対する権利侵害行為や違法行為などが行われている際には、利用者の情報開示や警察への通報などを行う場合があります。その際、ユーザーは、当社の行った処置について異議を申し立てることはできないものとし、ユーザーに損害が生じたとしても一切責任を負いません。
    • 当社は、一定期間本サービスの利用がないユーザーのサービスを利用停止し、データを削除する場合があります。その際、ユーザーは当社の行った措置について異議を申し立てることはできないものとし、ユーザーに損害が生じたとしても一切責任を負いません。 *当社は、本サービスへのコンピュータウイルスの侵入に起因してユーザーに生じた損害に対し、一切責任を負いません。
    • 当社は、本サービスの提供にあたり用いられている当社の設備などへの第三者による不正アクセスもしくはアタックまたは通信経路上における傍受で、善良なる管理者の注意をもってしても防ぐことができないものに起因してユーザーに生じた損害に対し、一切責任を負いません。
    • 当社は、本サービスの提供にあたり用いられている当社の設備のうち当社が製造したものではないソフトウェア及びデータベースに起因してユーザーに生じた損害に対し、一切責任を負いません。
    • 当社は、本サービスの提供にあたり用いられている当社の設備のうち、当社が製造したものではないハードウェアに起因してユーザーに生じた損害に対し、一切責任を負いません。
    • 当社は、その他当社の責めに帰すべからざる事由に起因してユーザーに生じた損害に対し、一切責任を負いません。

第11条(保証の否認)

  • 当社は、本サービスの内容に関して、特定目的に適合すること、瑕疵が存在しないこと、継続的に提供されること、もしくは有害な構成要素を含まないことの保証、またはユーザーから取得した情報を含むすべての情報が安全であり、その他紛失または損傷もしないことの保証を含め、明示であると黙示であるとを問わず、法定のものであるかその他のものであるかに関わらず、いかなる種類の表明も保証もしません。

第12条(知的財産権)

  • 本サイトおよび本サービスのすべてのコンテンツ(意匠、テキスト、ソフトウェア、コンフィギュレーション、グラフィックス、その他のファイルを含みます。ただし、これらに限定されません。)は、当社の所有財産であり不許複製です。
  • MackerelおよびMackerelのロゴは、当社の商標、サービスマークまたは登録商標のいずれかを含みますが、これらに限定されるものではなく、当社の事前の書面による許可なしに、その全部または一部を複製し、模倣し、または使用してはなりません。
  • 当社は、本サービスの一部である対象物に関する特許、特許出願、商標、著作権その他の知的財産権を有している可能性があります。本規約において当社がユーザーに当社の知的財産に対する利用許諾をしていない限り、当社が本サービスをユーザーに提供することにより、当社の知的財産についてユーザーに対して利用許諾したことにはなりません。本規約において明示的に付与されていないすべての権利が当社に留保されます。

第13条(当社の財産権)

  • 当社は、当社とユーザーの間において、本サービスを使用するためにユーザーに明示的に付与される権利を除き、本サービス、ならびに本サービスの提供のために使用されるすべてのハードウェア、ソフトウェアおよびその他の品目に関するすべての権利、権原および権益(これらについてのすべての知的財産権を含みます)を所有し、留保します。本規約に従い、本サービスに関連する財産権のいかなる権原または所有権も、ユーザーに移転されません。ユーザーが、本サービス(本サービスの修正、改善、改良その他の変更を含みます。ただし、これらに限定されません。)に関して、当社にコメント、提案および提言を提供した場合(以下、これらを「フィードバック」と総称します)、ユーザーは、本規約に基づき、本サービスに関するいかなるフィードバックをも使用しまたは組み込むための、全世界における無償、取消不能かつ無期限の利用許諾を当社に付与するものとします。

第14条(規約とサービス内容の変更等)

  • 本規約の変更は、変更の告知後7日間の経過をもって発効するものとします。ただし、本サービスの新機能に対応するための変更又は法律上の理由に基づく変更は、直ちに発効するものとします。当該変更後も本サイト又は本サービスへのアクセス及び利用を続けることにより、ユーザーは変更後の本規約に従うことに同意したものとみなします。
  • 本サービスの内容は、将来予告なく変更、追加、削除することがあります。

第15条(準拠法および管轄裁判所)

  • 本規約の準拠法は、日本法であり、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

履歴

  • 2014年5月8日作成
  • 2014年9月17日改定
  • 2015年5月26日改定
  • 2015年9月16日改定