ユーザー権限

Mackerelには強さの異なる4つの権限が存在します。権限の強い順に、オーナー、管理者、一般ユーザー、閲覧者です。

  • オーナー
    • オーガニゼーションに対して最も強い権限を持つユーザーです
    • 管理者の権限に加えて、プランや支払い方法の変更を行うことができます
    • 各オーガニゼーションに必ず一人所属します (1人しか存在できません)
  • 管理者
    • オーガニゼーションにまつわる設定 (プランや支払い方法は除く) を行うことができるユーザーです
    • APIキーの作成・閲覧・編集・削除、メンバーの追加と削除、AWSインテグレーションの設定などを行うことができます
  • 一般ユーザー
    • オーガニゼーション内の各種設定や変更・削除などを行うことができるユーザーです
    • サービスやロール、監視ルール、通知チャンネルなど、各種設定の作成・更新・削除などを行うことができます
    • APIキーを作成したり閲覧することはできません
  • 閲覧者
    • オーガニゼーション内の各項目の閲覧のみできるユーザーです

ユーザーの権限の設定はユーザー招待時もしくはオーガニゼーションのメンバーのタブから設定することができます (管理者以上の権限の強さが必要です)。

各権限で可能/不可能な操作は以下の通りです。

オーナー 管理者 一般ユーザー 閲覧者
プランの変更/解約 × × ×
支払い情報の変更 × × ×
APIキーの作成/閲覧/編集/削除 × ×
支払い情報の閲覧 × ×
AWSインテグレーション設定の編集 × ×
メンバーの追加/編集/削除 × ×
オーガニゼーション設定の編集/閲覧 × ×
監視通知のオン/オフの設定 × ×
ホストの設定 (ステータスの変更や退役) ×
サービス・ロールの作成/編集/削除 ×
監視ルール・通知チャンネルの作成/編集/削除 ×
アラートを閉じる ×
カスタムダッシュボードの作成/編集/削除 ×
グラフ設定・グラフアノテーションの作成/編集/削除 ×
サービス・ロール・ホストの閲覧
監視ルール・通知チャンネル・アラートの閲覧
グラフ・カスタムダッシュボード・グラフアノテーションの閲覧
AWSインテグレーション設定・メンバー一覧の閲覧