監視ルールをGitHubで管理しよう

mkr を使うことで監視ルールをローカルファイルに保存したり(pull)、ローカルファイルとMackerelの設定の差分を確認したり(diff)、ローカルファイルの内容をMackerelの設定に反映させる(push)することができます

各コマンドの詳細はcliヘルプを参照してください

ここでは mkr を利用してGitHubで監視ルールを管理する方法を紹介します。

mkr による監視ルールの管理

mkr による監視ルールの管理方法には、WebUIとコードの両方で変更を行うか、それともコードのみで変更するかどうかで大きく次の2パターンがあります。

  • WebUIとコードの両方で監視ルールを変更する
    • pullpushを利用する
  • WebUIでは変更せず、Codeのみで監視ルールを変更する
    • pushのみを利用し、pullは利用しない

mkr monitors では monitor rule の特定にidもしくはnameを利用します。 idは監視ルールを新規登録した時にMackerel側で付与するものです。 nameはユーザーが命名します。

前者ではidベースで管理しますので、管理するjsonファイルにもidを含める必要があります。 後者はnameベースで管理しますので、jsonにidを含める必要がありません。ただしnameが重複していないことが必要です。

もしjsonやMackerel側でnameが重複していた場合、mkrはidベースで監視ルールを特定しようとします。 nameが重複しているにもかかわらず、jsonの各監視ルールにidが存在しない場合はmkrは不正なjsonと判定します。

pullpushを利用する

idベースで監視ルールを管理します。そのため監視ルールを新規登録した後で、Mackerel側で付与されたidを取得する手順が必要となります。

初期化

  • GitHubにリポジトリを作成する
  • git clone する git clone <repo-url> cd <repo-path>
  • 監視ルールをMackerelから取得する mkr monitors pull
  • GitHub上のリポジトリにコミット・プッシュする git add monitors.json git commit -m '<commit-msg>' git push

リポジトリとMackerelの設定の同期が取れていることの確認

  • GitHubから最新のデータをもってくる cd <repo-path> git pull
  • Mackerelとの差分を確認する mkr monitors diff 差分がない場合、以下のような結果が得られます Summary: 0 modify, 0 append, 0 remove

ルールを変更する(Web)

  • Web側で監視ルールを変更する
  • 変更された監視ルールをMackerelから取得する cd <repo-path> mkr monitors pull
  • GitHub上のリポジトリにコミット・プッシュする git add monitors.json git commit -m '<commit-msg>' git push

既存の監視ルールを変更する(Code)

  • GitHub上で変更・レビューなどを行い、masterブランチ(など)に反映する
  • 変更された監視ルールをMackerelから取得する cd <repo-path> mkr monitors pull
  • Mackerelとの差分を確認する mkr monitors diff
  • 変更された監視ルールをMackerelに反映する mkr monitors push

監視ルールを新規追加する(Code)

  • jsonを作成後、GitHub上で変更・レビューなどを行い、masterブランチ(など)に反映する
  • Mackerelとの差分を確認する mkr monitors diff
  • 追加された監視ルールをMackerelに反映する mkr monitors push
  • 追加された監視ルールにMackerelが付与したidを付きで取得する mkr monitors pull
  • GitHub上のリポジトリにコミット・プッシュする git add monitors.json git commit -m '<commit-msg>' git push

pushのみを利用する

nameベースで監視ルールを管理します。 各監視ルールでnameが重複しないようにする必要があります。 またWebUI側での監視ルールの変更が非推奨となります。 もし変更してしまった場合は手動でjsonを組み立てるか、pullを実行する必要があります。

初期化

  • GitHubにリポジトリを作成する
  • git clone する git clone <repo-url> cd <repo-path>
  • 監視ルールをMackerelから取得する mkr monitors pull
  • GitHub上のリポジトリにコミット・プッシュする git add monitors.json git commit -m '<commit-msg>' git push

リポジトリとMackerelの設定の同期が取れていることの確認

  • GitHubから最新のデータをもってくる cd <repo-path> git pull
  • Mackerelとの差分を確認する mkr monitors diff 差分がない場合、以下のような結果が得られます Summary: 0 modify, 0 append, 0 remove

既存の監視ルールを変更する(Code)

  • GitHub上で変更・レビューなどを行い、masterブランチ(など)に反映する
  • 変更された監視ルールをMackerelから取得する cd <repo-path> mkr monitors pull
  • Mackerelとの差分を確認する mkr monitors diff
  • 変更された監視ルールをMackerelに反映する mkr monitors push

監視ルールを新規追加する(Code)

  • jsonを作成後、GitHub上で変更・レビューなどを行い、masterブランチ(など)に反映する
  • Mackerelとの差分を確認する mkr monitors diff
  • 追加された監視ルールをMackerelに反映する mkr monitors push
    • Nameベースで監視ルールの同一判定をするため、id反映のためのpullは不要となります

Mackerel側のルールを反映する

WebUI側で変更してしまった場合は、次のフローで最新化します。

  • 変更された監視ルールをMackerelから取得する cd <repo-path> mkr monitors pull
    • pullすることでid付きのjsonとなる
  • jsonからidフィールドを削除する
    • idフィールドが存在しても動作に支障はありませんので、放置しても問題はありません。
  • Mackerelとの差分を確認する mkr monitors diff
  • GitHub上のリポジトリにコミット・プッシュする git add monitors.json git commit -m '<commit-msg>' git push