読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWSインテグレーション - EC2

MackerelはAWSインテグレーションにてAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)のメトリック取得や監視に対応しています。

AWSインテグレーションの設定方法や対応AWSサービス一覧についてはこちらのページをご確認ください。
AWSインテグレーション

取得メトリック

AWSインテグレーションのEC2対応で取得できるメトリックは以下の通りです。 メトリック の説明に関してはAWSのヘルプをご確認ください。

グラフ名 メトリック Mackerel上のメトリック名 単位 Statistics
CPU CPUUtilization ec2.cpu.used percentage Average
CPU Credit CPUCreditUsage
CPUCreditBalance
ec2.cpu_credit.used
ec2.cpu_credit.balance
integer Average
Disk OPS DiskReadOps
DiskWriteOps
ec2.disk_ops.read
ec2.disk_ops.write
integer Average
Disk IO DiskReadBytes
DiskWriteBytes
ec2.disk_io.read
ec2.disk_io.write
bytes Average
Network Traffic NetworkIn
NetworkOut
ec2.network.in
ec2.network.out
bytes Average
Network Packets NetworkPacketsIn
NetworkPacketsOut
ec2.network_packets.in
ec2.network_packets.out
integer Average
Status Check Failed StatusCheckFailed_Instance
StatusCheckFailed_Instance
StatusCheckFailed
ec2.status_check_failed.instance
ec2.status_check_failed.system
ec2.status_check_failed.total
integer Average

注意事項

AWSインテグレーションにより取得可能な上記のグラフ・メトリックのうち、下記のグラフに含まれるメトリックについては、通常、5分間隔粒度でのメトリックが取得されます。

  • CPU
  • CPU Credit
  • Disk OPS
  • Disk IO
  • Network Traffic
  • Network Packets
  • Status Check Failed

これは、AWS CloudWatch API の仕様です。

5分間隔粒度のメトリックに対して監視ルールを作成する場合、「条件の持続時間」には「1分の平均値を監視」のみ設定可能です(それ以外の値を選択した場合、平均値の計算に必要なデータポイントが足りないため監視が行われません)。

また、この粒度のままご利用を続けた場合、Mackerelのメトリックの丸め処理が行われた結果、有効データポイント数の割合の関係上、NULLに丸められて保存され、グラフ上で表示されなくなります。 (Mackerelのメトリック保持粒度の詳細に関してはMackerel 概要 - メトリックの保持についても参照下さい)

25時間以上遡ってメトリックデータをMackerel上で確認されたい場合は、別途AWS EC2の詳細モニタリング(※AWSの有償オプションです)をご利用ください。 詳細モニタリングをご利用いただくことにより、AWS CloudWatch API から取得できるメトリックも1分間隔粒度となり、25時間以上経過した場合の丸め処理が行われた際もメトリックが保存されるようになります。