macOSにmackerel-agentをインストールする

Mackerel では macOS 向けの mackerel-agent の Homebrew Tap を提供しています。以下の手順で macOS マシンの監視を行うことが可能です。

ただし、 macOS は mackerel-agent の公式サポート対象とはなっておりませんのでご了承ください。サポート対象OSについてはこちらをご確認ください。

mackerel-agent のインストール

Homebrew の予め導入された環境で、以下のコマンドを実行してエージェントをインストールすることができます。

brew install mackerelio/mackerel-agent/mackerel-agent

設定ファイルを編集

Homebrew でインストールしたエージェントの設定ファイルは /usr/local/etc/mackerel-agent.conf に配置されます。 エージェントを起動する前に、設定ファイルにAPIキーを設定する必要があります。 APIキーの設定は以下のコマンドでおこなえます。

mackerel-agent init -apikey="<YOUR_API_KEY>" -conf /usr/local/etc/mackerel-agent.conf

APIキーはオーガニゼーションのページから確認できます。このAPIキーでオーガニゼーションを識別しますので、APIキーは外部に漏らさないようご注意ください。

詳細はmackerel-agent仕様をご覧ください。

設定ファイルを利用して、以下のことを実現できます:

エージェントを起動/停止する

エージェントの起動や終了を行うには、それぞれ以下のコマンドを実行します。

brew services start mackerel-agent
brew services stop mackerel-agent

エージェントのログは /usr/local/var/log/mackerel-agent.log に出力されます。

エージェントが正しく動きはじめると、Mackerelにホストとして登録されます。ダッシュボードなどでご確認ください。