ダウンタイムを設定する

Mackerelでは、時間帯を指定して監視を停止することができます。 定期的なバッチ処理や、メンテナンス期間など、あらかじめ負荷が上がることが分かっている期間に、アラートが発報されないように設定することができます。

監視を停止させる期間や監視の対象スコープを含む設定のことを、ダウンタイムと呼びます。

ダウンタイムを設定する

コンソール画面で設定する

ダウンタイムは https://mackerel.io/my/downtimes より設定することができます。

最も基本的なダウンタイムは、監視を停止する期間のみが指定されたダウンタイムです。 開始日時と監視を停止させる期間を設定します。

監視停止を一定間隔で繰り返す場合は、繰り返し設定を行ってください。 隔週の土日といった設定も行うことができます。

最後に、ダウンタイムの対象スコープを設定します。 サービスやロール、監視設定による絞り込みや除外設定に対応しています。 サービスやロールの指定と監視設定の指定は、AND条件となります。

APIで設定する

APIを利用してダウンタイムを設定することもできます。 以下のコマンドは、TestServiceを対象に現在時刻から一時間のダウンタイムを設定するコマンドです。

curl -X POST https://api.mackerelio.com/api/v0/downtimes \
    -H "X-Api-Key: $MACKEREL_APIKEY" \
    -H "Content-Type: application/json" \
    -d '{"name": "Test downtime", "start": '$(date +%s)', "duration": 60, "serviceScopes": ["TestService"] }'

詳しくは、 APIドキュメントを参照してください。