読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセス監視をおこなう

公式チェックプラグイン集の check-procs を使ってプロセス監視をおこなうことができます。公式チェックプラグイン集のインストールは、チェック監視に公式チェックプラグイン集を使う をごらんください。

例. cronのプロセス監視をおこなう

cronの監視をおこなうには以下のように mackerel-agent.conf に記述し、mackerel-agentを再起動します。

[plugin.checks.check_cron]
command = "check-procs --pattern crond"

--pattern オプションには対象のプロセスにマッチさせる正規表現を指定します。この状態でcrondが動作を停止すると、アラートが発生し、プロセス復旧後に自動で閉じられます。以下はその様子です。

プロセスの個数を監視したい

check-procs には以下の様なオプションがあり、プロセス数に閾値を設定可能になっています。ワーカーのプロセス数を監視させたい場合などに便利です。

  • -w, --warn-over
    • 設定値を上回ったらwarning
  • -c, --critical-over
    • 設定値を上回ったらcritical
  • -W, --warn-under
    • 設定値を下回ったらwarning
  • -C, --critical-under
    • 設定値を下回ったらcritical

例えば、Nginxのワーカー数を含めた監視をしたい場合は以下のように指定します。

[plugin.checks.check_nginx_worker]
command = "check-procs -p nginx -W 8 -w 10 -C 1 -c 30 --user nginx"

この場合、Nginxのワーカー数が8未満もしくは10より大きい場合にWarning、1未満もしくは30より大きい場合にCriticalとなります。--user オプションで実行ユーザーを指定し、より正しくワーカー数が取得できるように設定しています。

その他、check-procs にはプロセスの実行時間やプロセスの状態に対して監視をおこなうようなオプションもそろっています。詳しくは check-procs --helpREADME をご確認下さい。

ソースコードについて

check-procsのソースコードは以下に公開されています。

https://github.com/mackerelio/go-check-plugins/tree/master/check-procs