読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWSインテグレーション - RDS

MackerelはAWSインテグレーションにてAmazon Relational Database Service (RDS)のメトリック取得や監視に対応しています。

AWSインテグレーションの設定方法や対応AWSサービス一覧についてはこちらのページをご確認ください。
AWSインテグレーション

取得メトリック

AWSインテグレーションのRDS対応で取得できるメトリックは以下の通りです。 メトリック の説明に関してはAWSのヘルプをご確認ください。

グラフ名 メトリック Mackerel上のメトリック名 単位 Statistics
CPU CPUUtilization rds.cpu.used percentage Average
CPU Credit CPUCreditUsage
CPUCreditBalance
rds.cpu_credit.used
rds.cpu_credit.balance
integer Average
Database Connections DatabaseConnections rds.database_connections.used float Average
Disk Queue DiskQueueDepth rds.disk_queue.depth float Average
BinLog Disk Usage BinLogDiskUsage rds.disk_usage.bin_log bytes Average
Memory FreeableMemory
SwapUsage
rds.memory.free
rds.memory.swap
bytes Average
Free Storage Space FreeStorageSpace rds.disk.free bytes Average
Replica Lag ReplicaLag rds.replica_lag.lag float Average
Disk IOPS ReadIOPS
WriteIOPS
rds.diskiops.read
rds.diskiops.write
iops Average
Disk Latency ReadLatency
WriteLatency
rds.latency.read
rds.latency.write
float Average
Disk Throughput ReadThroughput
WriteThroughput
rds.throughput.read
rds.throughput.write
bytes/sec Average
Network Throughput NetworkReceiveThroughput
NetworkTransmitThroughput
rds.network_throughput.read
rds.network_throughput.transmit
bytes/sec Average

注意事項

AWSインテグレーションにより取得可能な上記のグラフ・メトリックのうち、下記のグラフに含まれるメトリックについては、通常、5分間隔粒度でのメトリックが取得されます(T2 インスタンスを利用している場合のみ)。

  • CPU Credit

これは、AWS CloudWatch API の仕様です。

5分間隔粒度のメトリックに対して監視ルールを作成する場合、「条件の持続時間」には「1分の平均値を監視」のみ設定可能です(それ以外の値を選択した場合、平均値の計算に必要なデータポイントが足りないため監視が行われません)。

また、この粒度のままご利用を続けた場合、Mackerelのメトリックの丸め処理が行われた結果、有効データポイント数の割合の関係上、NULLに丸められて保存され、グラフ上で表示されなくなります。 (Mackerelのメトリック保持粒度の詳細に関してはMackerel 概要 - メトリックの保持についても参照下さい)