Fargate, ECS(awsvpcネットワークモード)にmackerel-container-agentをセットアップする

Fargate, ECS(awsvpcネットワークモード)におけるmackerel-container-agentのセットアップ手順です。

ECSでawsvpcネットワークモード以外をお使いの場合はこちらをご覧ください。

タスク定義にコンテナを追加する

監視したいタスク定義にmackerel-container-agentコンテナを追加します。 タスク定義の「コンテナの追加」から、下記の設定でmackerel-container-agentを追加してください。

項目
コンテナ名 mackerel-container-agent
イメージ mackerel/mackerel-container-agent:latest
メモリ制限 ハード制限: 128
環境変数(キー: 値) MACKEREL_CONTAINER_PLATFORM: "ecs_awsvpc" (ECS(awsvpcネットワークモード)の場合) もしくは "fargate" (Fargateの場合)
MACKEREL_APIKEY: Mackerel APIキー

ロールやプラグインを利用する場合はこちらの「エージェント設定」も参照してください。

CloudFormationテンプレート例(YAML)

TaskDefinition:
  Type: AWS::ECS::TaskDefinition
  Properties:
    RequiresCompatibilities:
      - FARGATE
    NetworkMode: awsvpc
    Memory: 512
    Cpu: 256
    ContainerDefinitions:
      - Name: alpine
        Image: alpine:latest
        Memory: 64
        EntryPoint:
          - sh
          - -c
        Command:
          - "/bin/sh -c \"while true; do sleep 1; done\""
        Essential: true
      - Name: mackerel-container-agent
        Image: mackerel/mackerel-container-agent:latest
        Memory: 128
        Environment:
          - Name: MACKEREL_CONTAINER_PLATFORM
            Value: fargate
          - Name: MACKEREL_APIKEY
            Value: <YOUR_MACKEREL_APIKEY>
        Essential: false

監視を開始する

mackerel-container-agentを追加したタスクを実行して監視を開始します。

動作しない場合はタスクのログを参照してください。