Mackerel ブログ #mackerelio

Mackerelの公式ブログです

mackerel-agent-plugins などをアップデートしました ほか

9月も半ばを過ぎ、ようやく季節も秋めいてきましたね。 急に肌寒くなる日も増えてきそうです。みなさん、くれぐれも体調にはお気をつけください。

それでは、今週のアップデート情報をお伝えします。

5分間隔で投稿されたホストメトリックを25時間以上遡って確認できるようになりました

今年の2月に、AWSインテグレーションにより取得可能なEC2カスタムメトリックの粒度と、Mackerelの時系列データの仕様について - Mackerel ブログ #mackerelio でもお知らせしておりましたが、これまでの Mackerel では、毎分間隔で投稿されることを前提としているホストメトリックを5分以上の間隔で投稿した場合、時間の経過に伴う丸め処理により、25時間以上のデータは消失する仕様でした。

これが、今週のアップデートにより、25時間以上のデータも遡って確認できるようになりました。これにより、AWSインテグレーションにより取得されるメトリックのうち5分粒度のデータについても、過去の推移を Mackerel 上で確認できるようになっています。

こちらのお知らせでもお知らせしていた、「新時系列データシステム」の開発成果の一部となります。引き続き改善を進めていきますので、今後のアップデートにご期待ください。

Ansible Galaxy に登録している公式ロールの名称を変更しました

Ansible Galaxy に登録している公式ロールを更新しました。バージョンは 0.7.0 になっています。 これに伴い、ロール名を mackerel から mackerelio に変更しています。今までの名前ではご利用いただけなくなっていますので、ご注意ください。

また今回のバージョンアップにより、check プラグインのオプションを指定できるようになっています。ぜひ活用してください。

mackerel-agent-plugins などをアップデートしました

mackerel-agent-plugins などをアップデートしました。以下に詳細をまとめてお伝えします。

mackerel-agent-plugins v0.32.0

  • [memcached] evicted.reclaimedevicted.nonzero_evictions メトリックを追加しました
  • [accesslog] 長いログをスキャンできるよう調整しました
  • [mysql] 微調整をおこないました
  • [Redis] 微調整をおこないました

mkr v0.18.0

  • create サブコマンドで --customIdentifier オプションにより custom_identifier を指定できるようになりました

cookbook-mackerel-agent

コントリビュートいただいた皆様、ありがとうございました!

AWS Cloud Roadshow 2017 大阪 に Mackerel もブース出展します!

先週もこちらでお知らせしましたが、Mackerel もブース出展をおこなうAWS Cloud Roadshow 2017 大阪 の開催が、来週・9月21日に迫っています!

AWS Cloud Roadshow 2017 大阪 powered by Intel® 広島、大阪、名古屋、福岡の 4 都市を巡る無料クラウドカンファレンス開催! | アマゾン ウェブ サービス

Mackerel について直接質問したい!という方、ぜひお立ち寄りください!