10月と11月に計画メンテナンスのためシステムを一時停止します

いつもMackerelをご利用いただきありがとうございます。

計画的なメンテナンスのため、以下の日程でシステムを一時停止します。間隔を開けて2度のメンテナンスを予定しています。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

10月の計画停止

実施予定日時

  • 2020年10月14日(水) 14時30分 - 16時30分 (JST)
    • 上記作業時間の範囲内で一時的にシステムが停止します

※上記は最長の場合。メンテナンス終了次第システムは再開します。

実施内容

  • Mackerelが利用しているRedisをAmazon ElastiCacheへ移行します

当日の影響範囲について

  • メンテナンス終了時刻は、最長ケースであり、作業終了次第メンテナンスは終了となります
    • メンテナンス開始後、暫くの間、Mackerelシステム全体が停止いたします
  • MackerelへのWebアクセスやmackerel-agentのデータ投稿、APIアクセス(CLIツール含む)、アラート通知などができない状況となります
  • メンテナンス作業が終了し動作確認が取れ次第、メンテナンスを終了しその旨を告知します
  • mackerel-agentのメトリック投稿に関しては、メンテナンス中はmackerel-agent側でバッファリングがおこなわれ、メンテナンス終了後に再送されます
    • 正しく再送された場合、メンテナンス時間中のグラフも表示されます
    • 再送が完了しない状態でmackerel-agentを再起動したり、停止するとバッファリングされているデータが失われるのでご注意ください
    • メンテナンス中にmackerel-agentを起動する際は、Mackerel本体への疎通が失敗するため、起動も失敗します。
    • メンテナンス中はMackerelへの送信に失敗しているので、それを意味するエラメッセージはエラーログに出力されます。
  • 外形監視やクラウドインテグレーションのグラフはメンテナンス期間中のものは欠けることがあります。

11月の計画停止

実施予定日

  • 2020年11月25日(水)

※ 実施時間についての詳細は実施日の1ヶ月前に再度アナウンスします。10月と同様に日中の時間帯を予定しています。

実施内容

  • Mackerelが利用しているPostgreSQLをバージョンアップします

当日の影響範囲について

  • 10月分と同様の影響範囲になります。

実施日時を上記に設定した理由について

Mackerelはシステムの監視を担うサービスです。したがって、深夜時間帯などに監視が停止してしまうよりも、日中の時間帯のほうがユーザーの皆さんが一時的に人手を介して監視を継続するなどの対応がとりやすいだろうと判断しました。そのため日本時間の平日の日中にメンテナンスウィンドウを設定しました。

一方で、Mackerelをサーバー管理としてご利用のユーザーの皆さんにとっては、日中の時間帯にサーバー操作やアプリケーションのデプロイなどが難しくなることも承知しております。これにつきましてはご迷惑をおかけして申し訳ありません。

メンテナンス時間帯については、皆さんのご意見も考慮しながら慎重に判断していく必要がありますため、今後も改善を重ねていきます。ご意見などお持ちであればぜひともフィードバックをお願いします。

当日のお知らせについて

ステータスページ( https://status.mackerel.io )にて、状況報告をおこないます。

補助的に、公式Twitter( https://twitter.com/mackerelio_jp )も利用いたします。

本件に関するお問い合わせ

support@mackerel.io へメールでお問い合わせいただくか、下記お問い合わせフォームをご利用ください。

今後ともMackerelをご愛顧くださりますよう、よろしくお願いいたします。