特長

クラウドインテグレーション

Mackerelはアマゾン ウェブ サービス(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud に対応しています。これらのクラウドプラットフォームから様々なメトリックやイベントを収集し、Mackerel上で一元的に管理できます。オンプレミス環境を含む、複数の環境を組み合わせたマルチプラットフォーム構成のシステムにおいて、監視設定をプラットフォームごとに分散させることなく、すべてをMackerelに集約して管理することができます。

TrialプランとStandardプランのみのご提供です

複数のクラウドプラットフォームとの連携

Mackerelは、各クラウドプラットフォームサービスが提供するモニタリング用のAPIを利用して、メトリックやイベントを収集します。必要なMackerel側の設定は、各種プラットフォームが提供するリードオンリーな認証手段を登録するだけです。たったこれだけで、Mackerelが定期的に各クラウドプラットフォームへアクセスし、自動的にさまざまな情報を可視化して監視します。また、各クラウドプラットフォームサービスが提供する標準の認証方式を利用しているためセキュリティの観点でも安全です。

クラウドコンポーネントをMackerelで一括管理

クラウドプラットフォームとの連携設定をMackerelへ登録すると、それぞれの対応サービスがMackerel側に1つのホストとして登録されます。Mackerelの特徴であるサービス/ロール/ホストの概念へ組み込まれるため、サーバーレス・アーキテクチャーで複雑な構成を組んでいる場合でもサービス全体を直感的に分かりやすく管理できます。仮想サーバーを提供するコンピューティングサービスはスタンダードホスト、その他マネージドサービスはマイクロホストの扱いになります。

対応マネージドサービスは随時拡張していきます

クラウドプラットフォームで提供される各種サービスは日に日に更新され、次々に新製品が登場します。Mackerelではこれらのサービスの拡張に随時対応していきます。

Google Cloud、Compute Engine および App Engine は Google LLC の商標です。

Mackerelに興味をもっていただけましたか?

まずは無料トライアルを使って実際にマカレルを使ってみてください。

無料で試してみる