特長

監視とアラート

サーバ保守のためのエンジニアのモニタリング工数を削減したい、というサーバ管理責任者の方にはMackerelの監視機能がおすすめです。サーバの監視を柔軟に設定でき、SlackやChatworkなど様々な通知サービスでアラート通知を受け取れます。障害発生時も迅速に対応することができ、安心です。

監視ルールの作成

各ホストにインストールされたエージェントから送信されるリソース情報を自由に監視。CPUやメモリの使用率、ロードアベレージといった標準的なメトリックに加え、JVMやAWS RDS、ELBの状況など、よりカスタマイズされたメトリックも監視できます。 監視対象はMackerelに特徴的なサービス/ロールの概念でまとめられたホスト群を指定できるので、サーバの特性にあわせた監視ルールの調整が可能です。

アラートの管理

すべての監視ルールにはWarning、Criticalの2種類の閾値が設定でき、リソース状況があらかじめ設定された閾値を超えると、Mackerelがアラートを発生させます。アラートはウェブで一覧・操作できるほか、さまざまな経路を使って通知も行われます。発生した各々のアラートにつき、時刻による状況の変化がウェブで可視化され、問題解決に役立ちます。

柔軟な通知

アラートの通知先にはメールのほかSlack、HipChat、Webhookなどのチャンネルが対応しており、それぞれの通知先にあわせたリッチな通知がおこなわれます。各種サービスとの連携は今後も対応を追加していく予定です。

Mackerelに興味をもっていただけましたか?

まずは無料トライアルを使って実際にマカレルを使ってみてください。

無料で試してみる