Reactioとの連携方法

Reactioはアラート情報を集約し、任意の一斉通知ルール設定による柔軟な連絡機能やグループチャット機能による情報共有などを提供するアラート管理サービスです。通知の例として、音声、SMS、Email通知をする事が出来ます。

Reactioとの連携ではアラート発生時のアクションとして、以下の三つから選ぶことができます。

  1. インシデントのみを作成する
  2. インシデントを作成し、一斉通知を行う
  3. インシデントを作成し、一斉通知と架電通知を行う

アラート発生時に作成されたインシデントに紐づくアラートログは、チャットメッセージとして以後投稿されます。 この様にReactioの通知機能を損なうことなく、Mackerelで発生したアラート通知をReactioへ集約することができます。

Reatio連携を完了するために、チャンネルページのReactioフォームに Organization ID と API Key を入力の上チャンネルを作成してください。Organization ID は Reactioサービスご登録時に発行されるものを、またAPI Keyは以下の方法で取得したものを入力してください。

  • Reactioメイン画面右上のメニューより「プロジェクト設定」を選択します
  • プロジェクト設定画面にてプロジェクトを選択します
  • プロジェクト詳細画面の API Key 項目に記述されている文字列が API Key となります

より詳しい説明は以下をご参照ください。

API/Webhookのドキュメントを公開しました - Reactioブログ | 障害対応の救世主Reactio(リアクティオ)