Mackerel ブログ #mackerelio

Mackerelの公式ブログです

mkr v0.28.0 リリースにより upgrade オプションが利用できるようになりました ほか

こんにちは。はじめまして。 3月からMackerelチームにJoinしたCREの三浦(id:missasan)です。

入社ちょうど1ヶ月で、はじめてリリース告知をさせていただきます。 これからもサポートやイベントなどでお目にかかる機会もあるかと思います。 みなさま、どうぞよろしくお願いいたします!

それでは、今週のアップデート情報です。

mkr v0.28.0 リリースにより upgrade オプションが利用できるようになりました

mkrコマンドにupgradeオプションを追加しました。これにより、指定したバージョンのプラグインがインストールされていない場合にのみ、ファイルのダウンロードが実行されるようになりました。

mkr plugin install --upgrade mackerelio/mackerel-plugin-sample@v0.0.2 のように、upgradeオプションを付与してインストールを実行していただくと、以下のような挙動となります。

  • 同一のリリースタグのプラグインが既にインストールされている場合、ダウンロードをせずに終了します。
  • リリースタグが異なる場合のみ、ダウンロードを実行し、プラグインバイナリの配置を行います。

これまでは mkr plugin install mackerelio/mackerel-plugin-sample@v0.0.2 とすると、すでに同一リリースのpluginがインストールされているか否かに関わらず必ずダウンロードを実行していました。 そのため、AnsibleやChefのようなプロビジョニングツールに組み込まれている場合などに、毎回ダウンロードが実行されてしまい、使いにくい状況でした。 今後は、upgradeオプションを利用いただくことで、必要なファイルのみをダウンロードしていただけるようになりました。

また、upgradeオプションを利用するとダウングレードをすることもできます。たとえば、v0.0.2がインストールされている状況でv0.0.1を指定して実行すると、v0.0.1をインストールすることができます。

実験的機能設定のトグルボタンの下に、ヘルプへのリンクを追加しました

実験的機能を有効にする前に、どのような機能が利用できるのかを確認いただきやすくするため、 設定を有効にするトグルボタンの下に、ヘルプへのリンクを追加しました。

f:id:mackerelio:20180402103530p:plain

有効になる機能については、ヘルプ下部に記載の「実験的機能として提供中の機能」でご確認ください。

現在は、式による監視式によりカスタマイズしたグラフの二つの機能をご利用いただけます。 まだ実験的機能をご利用になったことがない方も、これを機会にぜひお試しください。

Mackerel 関連 OSS をアップデートしました

以下のとおり、各種 OSS をアップデートしました。

コントリビュートいただいたみなさま、ありがとうございました!

mackerel-agent v0.54.1

  • mackerel-agentによるEC2インスタンスの認識方法を改善しました。
  • mackerel-agent起動時、ホスト情報を確認した際に出力されるメッセージをWARNINGからINFOに変更しました。

go-check-plugins v0.19.0

  • [check-ldap] 新しくパッケージに追加しました。
  • [check-http] 文字列チェックのオプション --pattern を追加しました。このオプションは正規表現に対応しています。

表示グラフカラム数の変更操作をキーボードショートカットから実施できるようになりました ほか

こんにちは。MackerelチームCREの井上(id:a-know)です。

みなさんはもうお花見はされましたでしょうか? 私は今度の週末に家の近くの公園に行ってみようかなと思っているのですが、それまで桜の花が残っているかどうか、少し心配です......。

それでは、今週のアップデート情報です。

表示グラフカラム数の変更操作をキーボードショートカットから実施できるようになりました

f:id:mackerelio:20180326094011p:plain

Mackerel 画面上で ? を押すことでチートシートも確認できる、キーボードショートカット機能に、新たに「表示グラフカラム数の変更」が加わりました。

[ キーで表示グラフカラム数を増加(各グラフは縮小されます)、 ] キーで表示グラフカラム数を減少(各グラフは拡大)させることができます。ぜひご利用ください。

システムメトリックとして MemAvailable を取得できるようになりました

先週にも個別の記事にてお知らせしておりましたが、先週リリースの mackerel-agent v0.54.0 より、比較的新しい Linux をご利用の場合に MemAvailable が取得可能になりました。

詳細については以下のブログエントリを改めてご確認ください。

mackerel.io

mackerel-agent v0.54.0 リリース

上記の MemAvailable への対応に加えて、Amazon EC2 インスタンスであるかどうかの判定処理を改善しました。

mackerel-agentのLinuxのメモリ利用率算出方法の改善と仕様調整のお知らせ

表題の通り、今週リリースされた mackerel-agent v0.54.0 より、新しめのLinuxにおけるメモリ利用率の算出方法が変更となりました。この対応により、より正確なメモリ利用率が算出されるようになりました。対象は以下のとおりです。

  • Kernel 3.14以降のLinux
  • もしくは /proc/meminfo に MemAvailableがバックポートされている環境

具体的には、Ubuntu16.04以降、Debian8以降、CentOS6.6以降、Amazon Linux 2014.09以降などです。

それに伴い、対象のホストにおけるシステムメトリックのメモリの積み上げグラフの表示と内訳も変更になります。具体的には以下のとおりです。

  • 既存環境: used + buffers + cached + free = total
  • 対象環境: used + available = total

既存環境では、usedの他にbuffersとcachedとfreeが積み上げ表示されるのに対し、対象環境では、availableのみが積み上げ表示されます。これは、近年のLinuxのメモリ利用の内訳が複雑化しており、buffersやcachedが必ずしも開放可能な領域とは限らなくなっているからです。

この変更により、より正確なメモリ利用率が取得できるようになりましたが、値の傾向が変わる可能性があるため、必要に応じて、監視設定の見直し等をお願い致します。

今後共Mackerelをよろしくお願いいたします。

Mackerel 関連 OSS をアップデートしました ほか

Mackerel 関連 OSS をアップデートしました

mackerel-agent をはじめとした各種 OSS をアップデートしました!詳細な内容は以下の通りです。コントリビュートくださった皆様、本当にありがとうございました。

mackerel-agent v0.53.0

  • Amazon EC2 C5 インスタンスに対応しました。
    • EC2 Instance Info が取得できるようになりました。
  • 診断モード( diagnostic = true )を改善しました。

mackerel-agent-plugins v0.46.0

  • [redis] uptime を取得するようになりました。
  • [redis] expired_keys メトリックとして差分値を算出して送信するようにしました。

mackerel-check-plugins v0.18.0

  • [http] リクエスト送信時にヘッダを追加できるようになりました。

その他のOSS

  • ansible-mackerel-agent v0.8.0
    • 主要なディストリビューションと Amazon Linux 2 に対応しました。
  • itamae-plugin-recipe-mackerel-agent v0.0.3
    • 主要なディストリビューションと Amazon Linux 2 に対応しました。

Amazon Aurora MySQL5.7互換/PostgreSQL互換 に AWSインテグレーションが 対応しました!

昨年11月にリリースされた、Amazon Aurora with PostgreSQL 互換、そして今年の2月にリリースされた、Amazon Aurora(MySQL 5.7互換)に、AWSインテグレーションが対応しました。ぜひご利用ください!

Mackerelでは継続的なUI改善を常に行っています

こんにちは。Mackerelチーム ディレクターのid:daiksy です。

三寒四温といいますが、ここのところ寒暖の差が激しく、徐々に春が近づいているようです。

ぼくが勤務している京都もこれから暖かくなってくると桜見物などで賑やかになります。

今週のアップデート情報です。

カスタムダッシュボード一覧から直接編集ができるようになりました

これまで、カスタムダッシュボードの編集は、カスタムダッシュボードのパーマリンクから行う導線になっていましたが、一覧から直接編集が可能なボタンを追加しました。

Mackerelでは普段はお知らせに載せていない、こういった地道なUI改善の取り組みを継続的に行っています。たとえば、ユーザーの使用状況に応じて、一覧系画面の並び順をより使いやすく調整したり、画面上のボタン配置を変えたりなどです。

Mackerelチームでは、1スプリントごとにUI/UX会というミーティングを開催し、今回のスプリントではどういうUI改善を行うか、といった具体的な議論を行います。お問い合わせでいただいたフィードバックや、実際に自分たちが使ってみて、使いづらいところは無いか、などを議論します。大きな機能開発とは違い、あまり目立たないアップデートではありますが、実は毎週常に、Mackerelにはこういった地道なUI改善のリリースも盛り込まれているのです。

JAWS DAYS 2018のランチセッションに登壇しました

jawsdays2018.jaws-ug.jp

先日開催されたJAWS DAYS 2018のランチセッションにて、Mackerelを使ってAWSをより便利に活用するヒントなどについて、 id:Songmu がお話させていただきました。

たくさんの方に聴講いただき、どうもありがとうございました!

メトリックグラフを4カラム表示できるようになりました ほか

こんにちは。Mackerelチーム CRE の井上(id:a-know)です。

朝の時間帯はまだまだ肌寒さを感じますが、ようやく春らしい気候になってきましたね。私はこれまでは花粉症ではなかったのですが、今年はなんだか鼻がムズムズしています......。嫌な予感はしますが、気が付かなかったことにしたいと思います。

それでは、今週のアップデート内容をお知らせします。

メトリックグラフを4カラム表示できるようになりました

f:id:mackerelio:20180304164613p:plain

上の画像のように、メトリックグラフを4カラム表示できるようになりました。4Kディスプレイのような、高解像度の環境で一度に多くのグラフを俯瞰したいときに有効活用してもらえるかと思います。

Mackerel 関連 OSS をアップデートしました

以下のとおり、各種 OSS をアップデートしました。

mackerel-agent v0.52.1

  • エラーハンドリング および クラウドインスタンスでの処理の改善をおこないました。

mackerel-agent-plugins v0.45.0

  • [postgres] xlog_location メトリックを追加しました。

mackerel-check-plugins v0.17.1

  • [check-log] ファイルサイズが 0 のときの考慮漏れに対応しました。

mkr v0.27.0

  • [monitors] Warning / Critical どちらかの閾値しかもたない監視ルールに対応しました。

JAWS DAYS 2018 ランチセッションに登壇します

jawsdays2018.jaws-ug.jp

日本の AWS ユーザーグループである JAWS-UG の祭典、JAWS DAYS が、来る 3月10日(土)に TOC五反田メッセで開催されます。

弊社はてな・Mackerel も企業サポーターとして応援させていただいていますが、

jawsdays2018.jaws-ug.jp

このランチセッションに、私・井上(id:a-know)が登壇し、Mackerel を AWS でより便利に活用するためのヒントについてお話できればと思っています。ぜひご参加ください!

データベースメンテナンス終了のお知らせ

Mackerelチームディレクターのid:daiksy です。

以前からお知らせしていた、本日2018年2月27日(火)に計画していたデータベースメンテナンスが無事終了しましたのでご報告します。

本日14時30分(日本時間)より予定通りメンテナンスを開始し、予定より少し早い16時47分に完了しました。長時間に渡るシステム停止を伴うメンテナンスでしたが、ご協力どうもありがとうございました。

mackerel.io

メンテナンス時間帯

以下の手順で作業を実施しました。

  • 14:30~15:30 システム停止およびデータベースメンテナンス実施
  • 15:30~16:47 動作確認実施

システム停止時間中に処理できなかったmackerel-agentからのメトリックは、15:30より再送を受け付け、その後30分ほどですべてのagentからの再送処理が完了したのを確認しました。

Mackerelは今後も安定稼働につとめてまいります。引き続きMackerelをよろしくお願いします。